2017年11月05日

「暮らしの中で」 The Restaurant

今回はThe Restaurantの「暮らしの中で」を紹介します。
The Restaurantの1stミニアルバム。

すごく等身大。
でも、巧みな聴かせ方ができるバンドだと思った。

MVもあるリード曲「Summer」は疾走感溢れる爽快なナンバー。
歌詞の前向きさと風を感じるような展開と音色がとても心地良い。

もう一曲MVのある「キンモクセイ」は打って変わって繊細に聴かせるバラードナンバー。
イントロから感じさせる哀愁に、キンモクセイの香りが残した景色に思いを馳せる姿がなんとも切ない。

この2曲で光と陰、アップテンポとバラードと両極端の曲を堪能できるのだが、彼らの魅力はこれだけでは語りきれない。
アルバムに収録されている残り4曲を聴いたらより驚くことになるだろう。

イントロから力強い音で駆け抜けていく「Hello」は、ロックというよりメロディックパンクやメロコアのようなキャッチーさと展開で引っ張っていくのが強く印象に残る。

ゆっくりとしたテンポで聴かせる「夢の途中」は、歌詞を情景豊かに見せつつ、間奏などで癖のある音色を聴かせていることで、一度聴くだけで頭から離れなくなる。

「雨上がり」も「Hello」に近いところはあるが、よりキャッチーさを増したメロディが印象的。
張り上げるように歌う声もあって、非常に熱さを感じる。

「アルトリズム」はイントロのギターとドラムがとにかく格好良い。
どこか陰を抱えながらも走っていこうという姿が詩だけでなく音色からも伝わってくる名曲。

全6曲だが、一曲ごとに全く違う聴かせ方をしてきていることがわかるだろう。
ミニアルバムとしては申し分ないだけでなく、彼らを知るという意味でも十分な一枚だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
Summer
キンモクセイ

posted by micarosu at 22:19| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする