2017年09月24日

「SUNNY SIDE UP」 Brian the Sun

今回はBrian the Sunの「SUNNY SIDE UP」を紹介します。
Brian the Sunの1stミニアルバム。

心地良く聴ける楽曲たち。
今までの作品より肩の力が抜けたというか、シンプルに良いものを作ろうとしたら開放感溢れる楽曲が出来たという感じだろうか。

「隼」はその象徴とも言うべき楽曲。

思わず踊りだしてしまいそうなリズムと疾走感。
聴いていることが本当に心地良く、時が経つのを忘れてしまいそうになる。

続く「Sunny side up」も軽快さは変わらない。
ただこちらのほうがメロディや音色にフックがあり、心地良くクセになる楽曲と言える。

ここまでの展開でも十分驚きだったのだが、次の「光」の爽快感だけを残す楽曲もまた素晴らしい。
純粋にメロディだけで勝負できる楽曲だ。

これらの軽快な楽曲ももちろん素晴らしいかったのだが、「天国」という楽曲にも注目してほしい。

メロディアスなバラードナンバー。
君と居ることが幸せでまるで天国のようだったという想いの純粋さと深さを、ストリングスのような音色が入ることで壮大に包んでくれるのがなんとも印象的。

真っ直ぐだけど繊細。
こんな楽曲が聴けるとは思わなかった。

そして、最後の「ねこの居る風景」も印象が強い。

シンプルなメロディに、優しい音色。
それだけでなく、ハーモニカの音を加えることで生まれる懐かしさと素朴さが非常に心地良い。

ミニアルバムの5曲の中でここまでの可能性を見せるとは正直思わなかった。
それほどまでに内容の濃い一枚。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。

Sunny side up
ねこの居る風景

posted by micarosu at 21:53| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする