2017年09月10日

「Culture Vulture」 la la larks

今回はla la larksの「Culture Vulture」を紹介します。
la la larksの1stフルアルバム。

la la larksはやはり面白い。
これだけトリッキーな音作りをしながらもキャッチーに聴かせることが出来るのだから。

その辺りは「ego-izm」や「ハレルヤ」といったシングル曲を聴いた時点からわかっていたが、アルバムを聴いてそれは確信に変わった。

まずは「Massive Passive」。
アルバムの始まりを告げる1曲からこの存在感はなんなのだろう。

独特なリズム、畳み掛けるような音作りの妙。
それだけだと音だけに耳がいってしまいそうだが、耳には確かにメロディを残す。

それは内村さんの優しく真っ直ぐな歌声と、巧みに計算されたそれぞれの音の配置があるからこそできているのだと思う。
少しでも崩れれば成り立たない、絶妙なバランスの上に成り立った名曲といっていい。

続く「色彩」もそうだが、こういうテンポの速い曲で魅せるトリッキーさとキャッチーさの融合はla la larksでなければできない。

でもそれだけではないことをここでは聴かせてくれる。

ゆっくりとした曲の中では「失う」は印象が強い。

水の底のような暗く混沌とした世界を映すような音色と、その中を行く心の叫びを込めたような歌声。
確かに想いを感じるのにそれが届かないことも同時に感じさせる神秘的な一曲。

初めて聴いたときは思わず息を呑んだほど。

そしてラストを飾る「Self」も外せない。

アルバム全体的に歌詞は普遍的なものが多いのだが、この曲は明確にバンドの想いを綴っている。

"立ち止まらないよ"
リリース作品が多くなく、活動に関して少し不安も感じるところはあったのだが、この言葉を見て安心をした。

la la larksはこれからも立ち止まらない。
今は一つの通過点かもしれないが、それを明確に示したスタート地点とも言える渾身のアルバム。

彼らのこれまでとこれからを感じてみて欲しい。

ちなみに、こちらで「Massive Passive」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:08| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする