2017年09月03日

「さよなら、はなやぐロックスター」 THURSDAY'S YOUTH

今回はTHURSDAY'S YOUTHの「さよなら、はなやぐロックスター」を紹介します。
THURSDAY'S YOUTHの1stEP。

「はなやぐロックスター」という曲がある。

淡々と進むリズムと抑揚の静かなメロディの曲で印象が薄いようにも聴こえるのだが、それでも一度聴くと何故か頭から離れない不思議な力を持った一曲。

こんな曲を作る人がいたのかと思って驚いたのだが、調べてみるとSuck a Stew Dryが改名したバンドだと知って更に驚いた。

Suck a Stew Dryはポップな曲の印象が強く、この曲とは遠い位置にいるような気がしたからだ。
それがこんなに路線を変えながら新たな名曲を築きあげるとは正直思いもしなかった。

EP作品ということでどれもシングル級の楽曲だが、タイトルにも含まれている「さよなら」も印象が強い一曲。

シンプルな音色により強調される言葉。
これまでとこれからを示すその言葉に、あえて「さよなら」を選ぶことに色んな想いが垣間見える。

そして、最後に一度だけ盛り上がる音が夜明けを告げ、ここからまた始まるんだということを示すことで、心地良い余韻を残すところもこの曲の聴きどころ。

全4曲。
THURSDAY'S YOUTHとしての活動は始まったばかりだが、その片鱗を感じるには十分な一枚。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
さよなら
はなやぐロックスター

posted by micarosu at 21:25| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする