2017年07月09日

「cue」 SAKANAMON

今回はSAKANAMONの「cue」を紹介します。
SAKANAMONの4thミニアルバム。

本当にSAKANAMONなのか。
「テヲフル」を聴いてしまったら、そう思わずにはいられない。

繊細な旋律を奏でながら、丁寧に歌い上げる言葉。
徐々に想いとともに音が重なり、最後のサビで全ての想いを弾き出すように熱く歌い上げる姿は、今までの印象を大きく変えつつ、純粋にその熱量の高さにグッと来てしまうだろう。

この名曲の中で特に印象に残っているフレーズがある。
最後のサビの手前で歌われる「♪前に進む為に歌ってるよ」という言葉。

これは、結成9周年の9と新たにスタートをする為のキューサインの合図のダブルミーニングを持たせたアルバムタイトルとも重なる。

新たに前に進む。
そんないつも以上に強い想いが詰め込まれているのだと思う。

「CATCHY」の単純なキャッチーさを聴かせる楽曲と見せかけて実はトリッキーな軽快さや、「ヘソマガリアの地底人」のようなクセのあるメロディなどにもらしさが見え隠れするのだが、今までより聴かせることに特化している感じがあり、耳に届くと同時に楽曲の良さと深みが味わえるのが印象的。

SAKANAMONの魅力を感じるには十分な一枚ではないだろうか。

ちなみに、下記リンクからそれぞれがの楽曲が視聴できます。
CATCHY
テヲフル

posted by micarosu at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

「アノアタリ2」 アノアタリ

今回はアノアタリの「アノアタリ2」を紹介します。

本当に良い曲というのは始まりの一音を聴いただけで心を掴まれる。
「夜の鳥」という曲はまさにそれだった。

夜の不穏な空気と焦燥感が生み出す独特の緊迫感。

迷いや悩みを抱えながらある姿をここで示しながら、サビでそれらを払拭していくように飛びぬけていく歌とメロディ。
その破壊力は想像以上で、一度聴いたら忘れることができない。

また、最後のサビでは感情が今まで以上に強く滲み出ていて、ここも聴きどころ。

このCDにはもう一曲「インスタントガール」が収められているのだが、こちらはまた印象が違うアッパーチューン。

疾走感の中で繰り広げられる言葉の流れるようなリズムと響きが聴かせる心地良さが何より素晴らしいのだが、間奏で魅せる演奏であったり、細部まで楽しめるのが良い。

「インスタントガール」、「夜の鳥」。
どちらもタイプは違えど、アノアタリの魅力を感じるには十分な楽曲だと思う。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
インスタントガール
夜の鳥
posted by micarosu at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする