2017年02月26日

「20170118」 TEDDY

今回はTEDDYの「20170118」を紹介します。
TEDDYの1stミニアルバム。

ミニアルバムの中で唯一MVが公開されている「アンブレラ」。
この曲を聴いた瞬間から惹きこまれてしまった。

優しいメロディと音色が印象的なのだが、最後のほうでは少し声を張って歌うなど、静かな情熱のようなものも感じられる楽曲。

聴かせるバンド。
この楽曲からそのイメージが強くあったのだが、ミニアルバムを聴いて良い意味で裏切られた。

再生を始めていきなりイントロの迫力あるギターから始まる「心のありか」が流れてきて、彼らは詩やメロディの良さだけでなく演奏やアレンジの面なども含めて魅せるバンドなのだと。

その予感を体現したような「Express」の陰のある雰囲気を醸しだす音色と、それを持って駆け抜けていく展開を聴かせたかと思えば、上で書いた「アンブレラ」のような優しい楽曲を聴かせたり。

シンプルながらも詩の切なさをひしひしと感じさせる「RPG」に、独特なリズムと演奏で魅せる怪しげな雰囲気漂う「Dominant」があったりと、たった5曲という中にこれでもかというくらいの魅力を見せ付けてくる。

初の全国流通盤となるミニアルバム。
こんなのを聴かされて、今後が楽しみにならないわけがないというくらいの一枚。

一度聴いてみて欲しい。

ちなみに、こちらで「アンブレラ」のMV、こちらでミニアルバムのトレーラーが視聴できます。

posted by micarosu at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする