2016年08月28日

「FOLK」 ハンバート ハンバート

今回はハンバート ハンバートの「FOLK」を紹介します。
ハンバート ハンバートのデビュー15周年記念アルバム。

彼らの代表曲やライブの定番曲、そしてカバー曲に新曲。
それらを全てフォークに奏でた、15周年記念のアルバム。

"21世紀の、フォークを歌おう。"
このキャッチコピーがアルバムの全てを物語っていると言っていい。

アルバムは新曲の「横顔しか知らない」から始まるのだが、これがいきなり名曲で驚かされる。

始まりのギターとハーモニカの音色から漂う雰囲気に一気に惹きこまれてしまった。
臆病な恋心を歌う歌詞の繊細さと切ない歌声も含めて、とにかく素晴らしい楽曲。

こういう聴かせる楽曲はやはりフォークの一つの魅力。
続く「N.O.」を始め、「プカプカ」、「結婚しようよ」、「生活の柄」、「さよなら人類」というカバー曲は、つい聴き入ってしまう。

でもアルバムはそれだけでは終わらない。
代表曲「おなじ話」の円熟味を増した歌声と演奏の一体感、元々カントリー調だった「長いこと待っていたんだ」をフォークに聴かせるなど、初めて聴いた人から以前からのファンまで楽しめる内容になっているが嬉しい。

そして、ラストを飾る「ちいさな冒険者」はアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』エンディング主題歌のセルフカバー。

提供された曲の時点で素朴さが良く出た曲だなと思っていたが、やはりこの二人が歌うとまた違う深みが出ている。
アルバムの最後に良い余韻を残してくれるという意味でも、たまらない一曲だ。

フォークは懐かしいというイメージがあるかもしれないが、本当は時代を映すものではないかと思う。
このアルバムでは過去と現在の時代を歌い、それを未来へ繋げようとしている姿が見えるだろう。

つまり、原点回帰と新たな出発。
その二つが見事に融合したアルバムだ。

ちなみに、こちらで「横顔しか知らない」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする