2016年08月21日

「点綴」 テンテイグループ

今回はテンテイグループの「点綴」を紹介します。
テンテイグループの1stアルバム。

何だろうこの懐かしさは。

オーガニックで洗練させた音色、親しみやすいメロディ、素朴な歌声。
それぞれがそれぞれに良いのだが、一つの楽曲の形になるとその想像以上に人を惹きつけるようなものになっているのが面白い。

初めて聴いた「オーサム!」には特に驚かされた。
キラキラした疾走感が非常に心地良いのだが、その中には歌声の素朴さが与える温かみと安心感だったり、間奏の巧みな演奏だったり、細かな演出がたくさん詰まっていて聴く人の耳と心を離さない。

少しでも方向がずれたらダメになりそうなのに、絶妙なバランスの上に成り立っていることで、唯一無二の楽曲に仕上がっている。

この感じはアルバムのどの楽曲からも漂う。

「オーサム!」から疾走感溢れる曲のイメージが湧いてしまうが、どちらかというとゆっくりとしたテンポの楽曲が多く、「サイダー」や「メロー」など懐かしさや叙情感がより前面に出た楽曲も、また違った心地良さを感じさせてくれる。

こういう素朴で良質なポップスを奏でてくれるグループはいつ聴いても良い。
これからどんな楽曲を聞かせてくれるのか楽しみであるが、まずはこのアルバム「点綴」をゆっくり楽しんでみて欲しい。

ちなみに、こちらで「オーサム!」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする