2016年05月08日

「Tiny Boxes」 Often Mofun

今回はOften Mofun(オーフンモーフン)の「Tiny Boxes」を紹介します。
Often Mofunの1stミニアルバム。

空間までも彩るお洒落な音楽。
それが大きな魅力ではあるが、それだけでは語れないものがある。

例えば一曲目に収められているリードナンバーの「CITY DANCER」だ。

お洒落でありながら憂いを含んだ空気感を演出しつつ、ダンサブルなリズムとテンポが優雅な音楽へと昇華させた名曲。

これは耳に残るメロディを聴かせる甘い歌声と、それを支える確かな演奏力があるからこそ可能な世界。
Often Mofunの魅力を垣間見るにはこれほど最適な曲はない。

ただそれだけ素晴らしい曲が一番最初にあるとその後が心配になってくるが、その心配を払拭するような曲が次々と押し寄せてくる。

イントロから醸しだされる不穏さからその世界に惹き込まれる「Smoke, Cigarettes and Car」に、静かに確かに進んでいくリズムの中で絡み合う楽器の音色が混沌とした世界を示すような「コントラスト」。

全英語詩の「Little girls」、「Call me Cinderella!」がお洒落な空気感を聴かせてくれたら、「午前0時はため息ばかり」が新しい朝を迎えたような爽やかさを残してくれる。

ミニアルバムという中で魅せたOften Mofunが生み出す音楽。
お洒落な空気に聴かせる音楽が融合された楽曲達を是非聴いてみて欲しい。

ちなみに、こちらで「CITY DANCER」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする