2016年05月29日

「Ai」 SLYTLIVES

今回はSLYTLIVESの「Ai」を紹介します。
SLYTLIVES初のアルバム。

始まりの一音から空気を変える上質さ。
「Bitter Chocolate」という楽曲を初めて聴いたとき、それに驚いた。

もっと他の楽曲も聴いてみたいと思いこのアルバムを聴いて、これはSLYTLIVESの一つの魅力にしか過ぎないことに気づくことになる。

まずはアルバム最初の「Believe」。
ピアノの音色が印象的な上質な空間を響かせながらも、どこか親しみがあるメロディが耳に馴染む一曲。

歌詞の"ここから始めよう"の言葉が示すように、ここからSLYTLIVESの音楽は始まる。

続く「Marionette」では跳ねるようなピアノのリズムに引っ張られるように、メロディと歌声が生み出す軽快さに酔いしれる。

このクセになりそうな軽快さを聴いた後に、上述の「Bitter Chocolate」という上質な音楽を聴かせることで、それぞれの良さが更に引き立てせているのも聴きどころ。

ここまで上質な音空間で聴かせてきたが、ここから「Door」、「Untitled Ballad」、「Come To Me」と静かに聴かせるを並べることで、改めてメロディの良さと松本さんのどこか陰があるけど伸びやかな歌声という大きな魅力を感じることになる。

そして最後の「Shine」。
再び軽快なピアノの音色を聴かせるこの曲は、ここまでに感じたSLYTLIVESの魅力が全て詰まった一曲。
歌声までも含めた上質で爽快な音空間は最高の心地良さを聴き手に与えてくれる。

初めてのアルバムとは思えないほどの完成度と充実の内容の一枚。
SLYTLIVESの音楽はこの「Ai」から始まる。

ちなみに、こちらでアルバムのトレーラー、こちらで「Bitter Chocolate」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

Moonlight J-POP 16年4月篇

今回はサブコンで発表した、2016年4月度のマイベスト10を紹介します。
ダウンロード

続きを読む
posted by micarosu at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

「High Free Spirits」 TrySail

今回はTrySailの「High Free Spirits」を紹介します。
TVアニメ「ハイスクール・フリート」OPテーマ。

緊迫感を持ったイントロ。
焦燥感を持ったメロの展開。
そして、それらを打破するようにサビで弾ける高揚感。

これを初めて聴いたときは本当に衝撃的だった。

それには少しだけアニメ「ハイスクール・フリート」の話をしよう。

放送開始前まで「はいふり」の名でビジュアル展開をされていた作品だったのだが、日常系を思わせるビジュアルからは想像できないシリアスな展開へと流れた第1話。

そのエンディングで流れてきたこの曲と、「ハイスクール・フリート」へのタイトル変更。
この展開には驚かされた。

もちろんその手法の面白さにだが、その効果を何倍にも高める楽曲がこれだけの名曲であったことも大きかった。

その名曲たる所以は冒頭に書いたが、中でもサビの高揚感はとにかく素晴らしい。

メロの展開まではそれぞれの歌声が重なることはなく迷いを感じさせながら、サビ直前で重なった3人の歌声が決意を示し、そこからサビでの前進しようとする力を生み出してく。

それはまさにグループ名"TrySail"の意味である荒天で風上に向かうときに張る小縦帆にも繋がり、彼女達が歌うからこそここまでの息吹を与えられたのかもしれない。

この確かな衝動、感じてみて欲しい。

ちなみに↓のamazonの商品ページから視聴できます。

posted by micarosu at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

「春、青い備忘録」 万理音

今回は万理音さんの「春、青い備忘録」を紹介します。
万理音さんの1stミニアルバム。

聴いた瞬間から心を掴まれるよう。
「36.7℃」を初めて聴いたときにそれを感じた。

訴えかけるような歌声に乗る寂しげな歌詞。
最初は何気なく耳を傾けていたのだが、聴いているうちにその圧倒的な想いの力から離れることが出来なくなる。

決して大げさな言葉を使っているわけでも、多くの言葉を使っているわけでもない。
シンプルな言葉の中に想いの欠片を散りばめ、それを歌声として届けることによって、こんなにも心を揺さぶるような歌になっているのだ。

悲しげなアコギの音色も味があって良いのだが、続く「彼女のテレキャスター」のようにバンドサウンドで聴かせてもその歌声の存在感は薄れないのが素晴らしい。

その後はまたアコギがメインの「君のせい」、「遠い青」、「春風(はるか)」(bonus track)と静かに歌いあげる楽曲が続くのだが、染み出るような切実な想いに不思議なほど惹かれてしまう。

初の全国発売となる今作は、彼女を知るうえで外すことができない一枚。
そしてこれからを活躍を期待してやまない一枚だ。

ちなみに、こちらで「36.7℃」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

「Tiny Boxes」 Often Mofun

今回はOften Mofun(オーフンモーフン)の「Tiny Boxes」を紹介します。
Often Mofunの1stミニアルバム。

空間までも彩るお洒落な音楽。
それが大きな魅力ではあるが、それだけでは語れないものがある。

例えば一曲目に収められているリードナンバーの「CITY DANCER」だ。

お洒落でありながら憂いを含んだ空気感を演出しつつ、ダンサブルなリズムとテンポが優雅な音楽へと昇華させた名曲。

これは耳に残るメロディを聴かせる甘い歌声と、それを支える確かな演奏力があるからこそ可能な世界。
Often Mofunの魅力を垣間見るにはこれほど最適な曲はない。

ただそれだけ素晴らしい曲が一番最初にあるとその後が心配になってくるが、その心配を払拭するような曲が次々と押し寄せてくる。

イントロから醸しだされる不穏さからその世界に惹き込まれる「Smoke, Cigarettes and Car」に、静かに確かに進んでいくリズムの中で絡み合う楽器の音色が混沌とした世界を示すような「コントラスト」。

全英語詩の「Little girls」、「Call me Cinderella!」がお洒落な空気感を聴かせてくれたら、「午前0時はため息ばかり」が新しい朝を迎えたような爽やかさを残してくれる。

ミニアルバムという中で魅せたOften Mofunが生み出す音楽。
お洒落な空気に聴かせる音楽が融合された楽曲達を是非聴いてみて欲しい。

ちなみに、こちらで「CITY DANCER」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする