2016年02月28日

「オリフィス」 サンドクロック

今回はサンドクロックの「オリフィス」を紹介します。
サンドクロックの1stフルアルバム。

そこにあるのは日常。

「キッチン」や「君の斜め後ろの席で」、「ROOM」のように直球な場面描写はもちろんだが、「EPOCH〜始まりの詩〜」、「Good Morning」のように断片的な描写が静かに、でも鮮明に聴き手の心に景色を映すのも聴いていて心地が良い。

こういう良さを持ちながらも、一辺倒にならないのがまた面白い。

「Bibbidi-Bobbidi-Boo」のような遊び心溢れる曲に、「プライスレス」のように軽快なテンポで引っ張っていく曲。
「カメレオーン」の印象的なメロディと言葉に酔いしれされたかと思えば、「許して頂戴」の軽快なリズムに乗るちょっと情けない言葉に自然と笑みをこぼれさせる。

これらの中でも特に存在感を放っているのは「君はファンタジー」。

イントロのアコギとピアノの音色を響かせた瞬間から変わる空気。

ファンタジーの言葉が示すような幻想的な雰囲気と少しの懐かしさを纏いながら、綴った言葉を編み上げるような二人の歌声が空へと放っていく。

そこから生まれる華やかさと心地よさは、耳に届いた瞬間から良いと感じられるもの。
こういう曲はいつまでも聴いていたいし、いつまでも残したい。

歌詞、メロディ、そして個性的な二人の歌声のハーモニー。
どれもが魅力的だが、これだけ色んなタイプの曲を聴かせてくれると、その良さを自然と感じずにはいられない。

サンドクロックの良さを感じるには十分な一枚だ。

ちなみに、こちらのSpecial Trailer映像で視聴できます。

posted by micarosu at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

「ダウトの行進」 空想委員会

今回は空想委員会の「ダウトの行進」を紹介します。
空想委員会の2ndフルアルバム。

こんなアルバムを待っていた。

「純愛、故に性悪説」、「空想片恋枕草子」、「GPS」、「僕が雪を嫌うわけ/私が雪を待つ理由」とリリースを重ねるごとに楽曲の幅とクオリティが上がって行くのが見えただけに、この2ndフルアルバムには期待をせざるを得なかった。

そして聴いて驚いたのが、その期待通り、いやその期待以上の作品をリリースしてきたことだ。

まず「ミュージック」。

どことなく終わりを感じさせる寂しげなメロディは聴き始めた瞬間には切なさを与えるが、聴き進めるうちにその感情が前を向いていくことに気づくはず。

この切なさは自分自身の弱さを表現したもの。
そして歌声が届けたのは、この弱さに打ち勝つために自分を鼓舞する強さ。

それが一体となって押し寄せてくる曲を聴いて、心を揺さぶられないはずがない。
こんなとんでもない力を持った曲が最初にある時点で、アルバムが只者ではない予感を漂わせる。

ここからがいよいよ本領発揮。
「春恋、覚醒」の躍動感の中に見せる切なさ、「物見遊山」のデジタルなサウンドを織り込んだ独特な浮遊感と現実感、「容れ物と中身」の見た目でなく中身の大切さを綴った言葉と迫り来る展開に圧倒されていく。

「純愛、故に性悪説」の圧倒的な存在感を聴いた後に、「不在証明」というバラードを置くことで、それぞれの良さが際立つのもすごく良い。

「Silver Bullet -instrumental-」を挟んで一度落ち着いたかと思えば、「ワーカーズアンセム」の踊りだすようなリズムとビートで新たな驚きを与えてくれる。
このタイプの楽曲には彼らには珍しく、普通に並べてしまうと目立ちすぎてしまうが、インスト曲を挟んだことで自然と楽しむことが出来る。

「新機軸」、「僕が雪を嫌うわけ」と岡田さん作曲の優しく真っ直ぐなメロディと格好良く力強いサウンドが響き渡らせたかと思えば、お洒落なリズムが心地よい「フロントマン」を聴かせ、空想委員会らしさ全開の「桜色の暗転幕」でアルバムは終わる。

ここでもう一度最初から再生すると「ミュージック」の終わり感が待っているので、違和感なく何度でも再生できるという点もこのアルバムの面白いところ。

楽曲の幅、秀逸な構成、それぞれの楽曲に込めた想いの真摯さなど、どれを取っても素晴らしい以外の言葉が出てこないアルバム。

一言で言えば名盤。
それに尽きる。

ちなみに、こちらでアルバムのSpecial Videoが視聴できます。

posted by micarosu at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

Moonlight J-POP 16年1月篇

今回はサブコンで発表した、2016年1月度のマイベスト10を紹介します。
ダウンロード

続きを読む
posted by micarosu at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

「Q-MHz」 Q-MHz

今回はQ-MHz(キュー メガヘルツ)の「Q-MHz」を紹介します。
Q-MHzの1stアルバム。

すごいメンバーが揃った。
畑亜貴さん、田代智一さん、黒須克彦さん、田淵智也さん(UNISON SQUARE GARDEN)という、アニソン界隈で一度は目にしたことある名前の人たちが集ってできた"Q-MHz"というプロデュースチーム。

今まで彼らが手がけてきた楽曲を考えれば、良いものが出来上がることは自然とわかってしまう。
アルバムの前半はまさにそれ。

「LiVE DiVE MHz!!(featuring LiSA)」はLiSAさんらしい攻撃的な曲だが、言葉の辛味と曲の展開など、今まで以上に攻めてきていることがわかる。
タイトルにMHzの言葉を入れていることからも、このチームの色を出してきた曲と言える。

そんな曲の後に「ふれてよ(featuring 小松未可子)」というミドルバラードを持ってきているのは面白い。
よほど自信がなければこの展開はできないが、その自信を裏付けるような凛とした姿が目に浮かぶ名曲となっている。

今作のゲストボーカルの中で唯一メンバーの楽曲提供がなかったこともあり、この組み合わせの未来を感じさせるという意味でも重要な曲になっている。

「星の名は絶望(featuring 鈴木このみ)」は鈴木このみさんのデビュー曲「CHOIR JAIL」を彷彿とさせる重厚感のある世界観が印象的。
とはいえ、デビュー当時より遥かに厚みを増した歌声は、この曲の重厚感をさらに高めていて、とても聴き応えがある。

続く「手探りで今のなかを(featuring 東山奈央)」。
東山奈央さんは今回のゲストボーカルの仲で唯一キャラソンではなく本人名義でのリリースが無いだけに、どんな曲になるか楽しみにしていたところ、選んだのはストレートなバラード。

元々きれいな歌声を持っていた方なので、この曲の透明感には惹き込まれる。
飾りすぎない音が歌声を引き立たせているの魅力。

「La fiesta? fiesta!(featuring 南條愛乃)」はデジタルな民族調の音楽に溶け込む歌声が耳に残る一曲。
歌詞の面で日本語、英語、スペイン語と色んな言語が出てくるところもこの楽曲の謎めいた魅力に拍車をかけている。

ここから後半になるわけだが、同じボーカリストでも前半とはまた違った楽曲で魅せてくれる。

いきなり驚かされるのが「I, my, me, our Mulberry(featuring 東山奈央)」。
一人の楽曲のはずなのに何故か二人の歌声が聴こえてくるのだから。

これは二人ではなくどちらも東山奈央さん本人。
一人でこういうアップテンポの掛け合いの曲を聴かせるのは何とも面白い。

「JURASSiC KiSS(featuring LiSA)」も印象を変える曲だ。
ジャジーで大人びた艶っぽさを感じさせる曲はLiSAさんには珍しかったが、想像以上にはまっている。

こういった楽曲を本人の作品でも聴いてみたい気持ちにさせてくれた。

「愛シカタナンテ知ラナイ(featuring 南條愛乃)」は少し90年代の感じがある耳に馴染むメロディがたまらない。
浮遊感あるサウンドを醸し出しながらも、芯のある歌声が突き刺さる構成も素晴らしい。

「short hair EGOIST(featuring 小松未可子)」はイントロから田淵さんらしい攻め方で一気に惹きこんでいく。
トリッキーな音構成に耳が行きがちだが、キャッチーなメロディと明るいテンポとの組み合わせにより、聴くのが楽しい楽曲になっていることを強調したい。

最後は「「ごめんね」のシンデレラ(featuring 鈴木このみ)」。
この曲ほど最後にふさわしいものはないというくらい最高の名曲。

少し懐かしさを感じさせるイントロから、つい口ずさみたくなるメロディ、爽やかで自然なサウンド。
そして、鈴木このみさんの力強くも優しく歌い上げる声に、心が満たされていくよう。

この個性的なメンバーであえて特別ではなく、王道を目指すとこんな名曲が生まれるのか。
それを最後の最後に感じた。

それぞれのボーカリストの個性を大事にしつつ、このチームだからできることを詰め込んだ楽曲達。

新たな魅力を感じるも良し。
より深い部分を感じるも良し。

とにかく聴き手が楽しんで聴くことができる一枚。

ちなみに、こちらでアルバム前半、こちらで後半のダイジェストが視聴できます。

posted by micarosu at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

「パレット」 Leaf-drops

今回はLeaf-dropsの「パレット」を紹介します。
Leaf-dropsの1stシングル。

触れたら壊れそうなほどの繊細さを持ちながらも、芯の強さも感じさせる。

儚げな歌声から溢れる繊細さ。
その繊細さを聴き手へ導くメロディと、それを彩る浮遊感と現実感を兼ね備えたサウンド。

ここから生み出される世界には、とても不思議な力を秘めている。
一度聴いたら何故か耳から離れないだけでなく、また何度でも聴きたくなってしまうような力が。

それを知ろうと聴き進めると、更にその世界に酔いしれることになる。

力強い歌声から始まる「Cage」。
憂いを帯びた疾走感と、畳み掛けるメロディと歌声に乗る感情に思わず唸ってしまう。
絶妙なコーラスに間奏のピアノの焦燥感など、巧みな音構成も魅力的だ。

アコギの音色が印象に残る「嘘」はミディアムテンポのシンプルな構成の曲で、陰のあるメロディの良さが引き立つ。
一つ一つの言葉静かに、でも確かに響くのが何とも心地よい。

「Rain」もアコギの音色が印象的だが、「嘘」より重い空気を演出している。
それはタイトルにもある雨の冷たさや哀しさを示している様で、それにより歌声の儚さがより映える。

カップリングを含めたこの4曲はどれがシングル表題曲になってもおかしくないクオリティで、どれも名曲と言っていい。
それを収めたこの一枚は、シングルとは思えないほど充実の内容だ。

今作が1stシングル。
この先どんな曲を聴かせてくれるのか、楽しみで仕方がない。

ちなみに、こちらで「パレット」が視聴できます。
Official Websiteでも視聴できます。

補足。
2016年から表記を"Leaf-drops"から"Leaf drops"に変更したそうです。
リリース時は"Leaf-drops"表記だったので、ここではその当時の表記にしてあります。

posted by micarosu at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする