2016年01月31日

「TOWA」 ゆず

今回はゆずの「TOWA」を紹介します。
約2年ぶりとなる13枚目のアルバム。

ゆずのアルバムだ。

何を当たり前のことをと言われそうだが、アトラクション色が強く華やかな印象の「LAND」、懐かしく新しいという挑戦をした「新世界」と、近年リリースしてきたアルバムは独特のコンセプトを出してきていた。

今作はそれとは違い、ゆずとして未来に何が残せるか=永遠に残るようなアルバムを作ろうとしているので、前2作と違いもう少し自然体でアルバムを作った印象が強い。
だからこそ、どこまでもゆずらしいアルバムなのである。

シングルにもなっている「終わらない歌」、「ポケット」、「OLA!!」は耳にする機会も多かったと思うのであえて割愛して、アルバム曲の話をしてみよう。

配信限定リリースで、紅白歌合戦でも歌われた「かける」。
ゆずは誰かを応援するような曲を作るととてつもない親和性を見せる。

この曲ではtofubeatsさんがBeat & Rhythm conductorとして入っていることも有り、新鮮なリズムが楽しめる。

続く「みそら」はメロディだけで泣かせてくれる。
巧みなアレンジなども良いが、やはりこうシンプルに良いと言える曲があるのは往年のファンとして嬉しい。
この感じは後に出てくる「いっぱい」にも言える。

「た Ri ナ ぃ」は聴かせるだけでなく、楽しませるというゆずらしさ。

一度聴けば覚えてしまうメロディと印象に残るタイトル。
こういう曲にも思わずにやけてしまう。
にやけてしまうのは「いつもの病気」の岩沢さんらしい独特の空気漂う曲でもそう。

そして、アルバムのタイトル曲である「TOWA」。
この曲のインパクトは半端ない。

独特の浮遊感と地に足が着いた歌声の絡み合い。
サウンドの混沌とした感じは現在であり未来への不安を表しているようで、そんな世界でも永遠に歌い続けていこうという二人の意思がアコギの力強い音色と歌声から痛いほど伝わってくる。

上述の通りインパクトはもちろんだが、聴かせる曲としても素晴らしい一曲。

そんな曲の後に控える「夕焼け雲」の安心感は流石の一言。

それもそのはず。
作詞作曲が岩沢さんで、編曲には寺岡呼人さんという初期のゆずそのままの楽曲。

自然と目に浮かぶ情景と風、そして夕焼け。
あぁ、今ゆずの曲を聴いているんだなと改めて認識させられる。

「二人三脚」は二人で“弾き語り楽曲”として共作した初めての作品であり、2人の良いところと新鮮さが存分に味わえる名曲。
それぞれが個性的なソングライターであるので、その二人が組めばこんな名曲が出来るのだなと思った。

シングル「終わらない歌」にも収録されていたが、今回はAlbum Sessionということでより洗練された音と臨場感が感じられる。
ツアーを経て一番大きく成長した楽曲なのではないだろうか。

最後は「終わりの歌」。
「終わらない歌」と対になるこの曲は、アルバムの終わりと同時に今日の終わりを綴った歌。

アコギ2本で歌い上げる優しい切なさは、そして"それじゃまたお元気で"で締めくくられるあたりがゆずらしい。

でも、このゆずらしいという言葉がアルバムを聴き終えたときに出てきたのは久々だ。
それほどまでにゆずらしさが出たアルバム。

昔から知っている人も最近知った人も楽しめる。
そして、この先もずっと楽しめるだろうというくらいゆずを詰め込んだ素晴らしい一枚。

ちなみに、こちらで「TOWA」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする