2016年01月31日

「TOWA」 ゆず

今回はゆずの「TOWA」を紹介します。
約2年ぶりとなる13枚目のアルバム。

ゆずのアルバムだ。

何を当たり前のことをと言われそうだが、アトラクション色が強く華やかな印象の「LAND」、懐かしく新しいという挑戦をした「新世界」と、近年リリースしてきたアルバムは独特のコンセプトを出してきていた。

今作はそれとは違い、ゆずとして未来に何が残せるか=永遠に残るようなアルバムを作ろうとしているので、前2作と違いもう少し自然体でアルバムを作った印象が強い。
だからこそ、どこまでもゆずらしいアルバムなのである。

シングルにもなっている「終わらない歌」、「ポケット」、「OLA!!」は耳にする機会も多かったと思うのであえて割愛して、アルバム曲の話をしてみよう。

配信限定リリースで、紅白歌合戦でも歌われた「かける」。
ゆずは誰かを応援するような曲を作るととてつもない親和性を見せる。

この曲ではtofubeatsさんがBeat & Rhythm conductorとして入っていることも有り、新鮮なリズムが楽しめる。

続く「みそら」はメロディだけで泣かせてくれる。
巧みなアレンジなども良いが、やはりこうシンプルに良いと言える曲があるのは往年のファンとして嬉しい。
この感じは後に出てくる「いっぱい」にも言える。

「た Ri ナ ぃ」は聴かせるだけでなく、楽しませるというゆずらしさ。

一度聴けば覚えてしまうメロディと印象に残るタイトル。
こういう曲にも思わずにやけてしまう。
にやけてしまうのは「いつもの病気」の岩沢さんらしい独特の空気漂う曲でもそう。

そして、アルバムのタイトル曲である「TOWA」。
この曲のインパクトは半端ない。

独特の浮遊感と地に足が着いた歌声の絡み合い。
サウンドの混沌とした感じは現在であり未来への不安を表しているようで、そんな世界でも永遠に歌い続けていこうという二人の意思がアコギの力強い音色と歌声から痛いほど伝わってくる。

上述の通りインパクトはもちろんだが、聴かせる曲としても素晴らしい一曲。

そんな曲の後に控える「夕焼け雲」の安心感は流石の一言。

それもそのはず。
作詞作曲が岩沢さんで、編曲には寺岡呼人さんという初期のゆずそのままの楽曲。

自然と目に浮かぶ情景と風、そして夕焼け。
あぁ、今ゆずの曲を聴いているんだなと改めて認識させられる。

「二人三脚」は二人で“弾き語り楽曲”として共作した初めての作品であり、2人の良いところと新鮮さが存分に味わえる名曲。
それぞれが個性的なソングライターであるので、その二人が組めばこんな名曲が出来るのだなと思った。

シングル「終わらない歌」にも収録されていたが、今回はAlbum Sessionということでより洗練された音と臨場感が感じられる。
ツアーを経て一番大きく成長した楽曲なのではないだろうか。

最後は「終わりの歌」。
「終わらない歌」と対になるこの曲は、アルバムの終わりと同時に今日の終わりを綴った歌。

アコギ2本で歌い上げる優しい切なさは、そして"それじゃまたお元気で"で締めくくられるあたりがゆずらしい。

でも、このゆずらしいという言葉がアルバムを聴き終えたときに出てきたのは久々だ。
それほどまでにゆずらしさが出たアルバム。

昔から知っている人も最近知った人も楽しめる。
そして、この先もずっと楽しめるだろうというくらいゆずを詰め込んだ素晴らしい一枚。

ちなみに、こちらで「TOWA」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

Moonlight J-POP 15年12月篇

今回はサブコンで発表した、2015年12月度のマイベスト10を紹介します。
ダウンロード

続きを読む
posted by micarosu at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

「MY LIFE IS MY LIFE」 椎名慶治

今回は椎名慶治さんの「MY LIFE IS MY LIFE」を紹介します。
椎名慶治さんの3rdアルバム。

椎名慶治の王道。

SURFACEの解散からソロ活動を開始して5年。
その経験を踏まえつつ、改めてらしさを追及しようとした気合をひしひしと感じる。

何と言ってもその最たるはタイトル曲でもある「MY LIFE IS MY LIFE」。

今までのシングルやアルバムのリード曲を考えてみると、「取調べマイライフ」、「I Love Youのうた」、「お節介焼きの天使と悪魔と僕」、「人生スパイス-go for broke-」とどれもポップでキャッチーな曲だったことに気づく。

ところが今回はミディアムテンポにドラマチックなサウンドと聴かせるメロディ。
そして、誰かに対してではなく自分自身へと言い聞かせる言葉を綴っている。

そのじんわりと流れ込む感情は新鮮であるの同時に、この曲とアルバムに対する気合の入れ方が違うことに気づくはずだ。

だが実はこの曲は7曲目に収録されているので、ここに辿り着く間にいつもとの違いに無意識に気づいてしまっている。

完璧と言えるインスト曲「HIGH & HIGH」から「人生スパイス-go for broke-(Horn Mix)」の流れ。
ここから「言いたくて言えなかった」の甘酸っぱい切なさへのギャップへの流れにはキュンとならざるを得ない。

「フラストレーションNo.5」はどことなくSURFACEらしさを感じるメロディが好印象。
ソロになってから意図的にSURFACEの頃にやってこなかった曲を中心にやっていた感じだったが、こういうSURFACEらしい曲はやはり堪らない。

「MY LIFE IS MY LIFE」後の「絵空事に」の静かな音色と歌声に癒され、「ウェザーリポート」の和やかなテンポでアルバムの終わりを感じさる。

でもここで終わらせず、最後に「シャクシャク」という疾走感のある曲が駆け抜けてさせていくのがなんとも椎名さんらしい。

ポップでキャッチーで、でも時に静かに、時にしみじみと、時に嬉しい懐かしさも感じさせてくれる珠玉の一枚。
椎名慶治さんはやはり只者ではない。

ちなみに、こちらで「MY LIFE IS MY LIFE」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

「僕が雪を嫌うわけ/私が雪を待つ理由」 空想委員会

今回は空想委員会の「僕が雪を嫌うわけ/私が雪を待つ理由」を紹介します。
空想委員会の2ndシングル。

別れのときに二人が見た雪。
それぞれの感情に強く残った雪が見せる二人の想いの物語。

「僕が雪を嫌うわけ」は男性目線で描かれた曲。

別れを切り出された日に雪を見たことで、雪を見るたびに責めたてられる心。
今でも好きなのにそれがもう届けられないもどかしさ。

その切なさを力強いサウンドの中に重ねつつ、疾走感の中ににもどかしさも連れて聴かせてくれる。
詩の内容だけでも切なくなるのに、このメロディと歌声、サウンドが加われば、その想いがよりしみじみと響いてきてしまう。

一方の「私が雪を待つ理由」は女性目線で描かれた曲。

繊細なメロディに弦楽器の広がりのある音が聴かせるのは、あなたへの想い。

離れてから相手の大切さを気づきつつも、まだきっと私を嫌いになったままなのだろうという不安。
それでもまた雪が降ったら、もう一度想いを伝えたい。

それぞれ雪に対しての想いは違うが、互いを想っていることがわかる。
一曲一曲も素晴らしいのだが、この2曲は続けて聴くことでよりお互いの良さが見えてくるだろう。

言うならば、2曲だからこそ意味のあるシングル。
聴いてみて是非その意味を感じてみて欲しい。

ちなみに、こちらで視聴できます。


posted by micarosu at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

「ヴォイニッチの手紙」 SIREN

今回はSIRENの「ヴォイニッチの手紙」を紹介します。
SIRENの1stミニアルバム。

心に届いた言葉。
それが希望を与えてくれた。

まずは「光へ」。
素朴さと懐かしさが融合したこのミディアムナンバーは、タイトルが示すように直球で爽やかな言葉がとてもよく響く。

シンプルな楽曲ではあるが、聴いた瞬間から好きになってしまう不思議な魅力がある。
これは、少年と大人の間のようなアリマヒロキさんの歌声によるところが大きい。

続く「サヨナラ世界」も素朴な雰囲気は変わらないが、サビの"サヨナラ世界"の言葉の中に綴られたもの以上の想いを感じさせる深さがある。

ここまで素朴な楽曲が続いたが、「Afterglow」では疾走感溢れるロックサウンドを聴かせてくれる。

離れ離れになった人への想いを綴っているのだが、哀しい気持ちが少しずつ強い気持ちに変わっていく姿には、勇気をもらわずにはいられない。

「金手川」も近いテーマではあるが、「Afterglow」より繊細に気持ちをメロディとサウンドで綴っているのが印象に残る。

そして、最後の「群青より」。
これまでとは違い、深く重厚感のある世界が一気に押し寄せてくる。

不器用なりに生きていくことの大切さ。
それを心の奥の叫びのように綴り歌い上げる声に、惹きつけられてしまう。

言うならば歌声が朝日を引きずり出してくれるような力強さ。
それがこの楽曲にはある。

全体を通して希望を感じることが出来るが、その形は様々だ。
でもどれも間違いなく希望を感じさせる力を持っている。

一度聴けばその意味がわかると思う。

ちなみに、こちらで「群青より」が視聴できます。

posted by micarosu at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする