2015年12月20日

「ブルー・ペパーズEP」 ブルー・ペパーズ

今回はブルー・ペパーズの「ブルー・ペパーズEP」を紹介します。
ブルー・ペパーズの1stミニアルバム。

シティポップの良さ。
それを話そうとしたとき、この一枚ほど必要十分な作品はないかもしれない。

この作品の話をする上で絶対に外せないのが「6月の夢」。

メロディや音の構成の巧みさだけでも唸ってしまう一曲だが、そこにゲストボーカルとして佐々木詩織さんを起用していることで、音楽としての魅力の中に柔らかな広がりという音空間としての魅力が加わり、聴き手の耳に最高の心地よさを残してくれる。

楽曲の魅力と歌声の魅力というそれぞれの良さをここまで引き上げるというセンスには驚かずにはいられない。
そして、こんな素晴らしい楽曲が一曲目から出てくるのだから、聴き進めないわけにはいかない。

彼ら自身が歌う「面影」、「汗は甘い口づけ」、「星空と孤独のマスカレード」では、歌声が音楽に溶け込むように響いてくるの印象的。
「6月の夢」の広がりとは違い、これらの楽曲では音楽としての魅力そのものが感じられる。

やはりここでも彼らのメロディと音の使い方は素晴らしく、こう来て欲しいときにこういう音が来る展開は、ずっと聴いていても飽きが来ない。

最後にはもう一曲ゲストボーカルを迎えた「Calling」が待ち構える。
佐柳太一さんの歌声は深みのあるもので、彼らの楽曲の魅力がまた違うほうから感じられるのが面白い。

最初の作品でゲストボーカル曲が2曲というのは珍しい気もするが、それにより楽曲の良さはもちろんのこと、ボーカルが持つ広がりや深みという魅力が加わることで、また違う良さが出ることまでも印象付けてくれる名盤。

これだけの完成度を誇る作品を作った彼らが、今後どんな作品を聴かせてくれるのか楽しみだ。

ちなみに、こちらでダイジェスト版が視聴できます。

posted by micarosu at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

「LIFE SIZE」 岡野宏典

今回は岡野宏典さんの「LIFE SIZE」を紹介します。
岡野宏典さんの3rdアルバム。

「LIFE SIZE」。
そのタイトルの下には、色んな形の日常の姿が描かれている。

始まりを告げる「イキル」は、夢へと向かう人の日常。

時に挫けそうになりながらも、周りの人がいることで諦めずに歩むことが出来る。
ゆっくりなテンポの曲だが、重厚感のあるサウンドと歌声の力強さも相まって、そのメッセージに心が鼓舞されるよう。

そこに続く「南風」は、春の爽やかな風を運んでくるように恋の煌きを感じる一曲。
こういうふとした煌きと出会う日常には懐かしい温かさを感じさせてくれる。

この辺りはまさに岡野さんの真骨頂で、「船出」や「コトノハ」でも感じさせてくれる気持ちだ。

「田園」もまた温かさを感じさせてくれるが、こちらは慣れ親しんだ街を想う温かさ。
田園風景という日本ならではのものを、季節を絡めて描く姿には自然と懐かしさを感じずにはいられない。

とてもシンプルな楽曲だが、シンプルだからこそ際立つ温かさがなんとも心地よい。

また、こういう温かさとは違う角度を描いた楽曲も印象強い。

「迷いの森」で歌う情報が溢れた社会への不安と楽しみ、「モノクローム」では沈んだ感情が見せるモノクロの世界に色をつけようともがく姿も描いている。

これもまた一つの日常の姿で、その想いに感じるとことがある。

アルバムの最後を飾る「トワイライト」では夕暮れを描いた哀愁を漂わせる。
その哀愁は一日の終わりという切なさを連れてくるが、同時に明日への希望も連れてくる。

この曲が最後にあることで、聴き終えたときの満足感だけでなく、余韻まで楽しませてくれるのが素晴らしい。

もし日常に疲れているのであれば、このアルバムを聴いてみて欲しい。
日常の素晴らしさと明日への希望を感じることができるはずだから。

ちなみに、岡野宏典オフィシャルサイトから全曲の視聴ができます。
また、公式YouTubeチャンネルからもMVの視聴ができます。

posted by micarosu at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

「はなまるぴっぴはよいこだけ」 A応P

今回はA応Pの「はなまるぴっぴはよいこだけ」を紹介します。
アニメ「おそ松さん」オープニング主題歌。

一度聴けば頭から離れない。
久々にこんな強烈なインパクトの曲を聴いた気がする。

ただ何かが特別にぶっ飛んでいるわけではない。

昭和歌謡を彷彿とさせる懐かしいメロディ。
このクセになるメロディラインだけでも十分聴き応えがあるが、そこに乗る歌詞の意味深さがこの曲を更なる名曲に押し上げている。

歌詞の本当の意味は不明だが、昨日、今日、明日と進む時間を生きる中で起きている何かに対して、答えの出ない問いかけをされている気がして、色々と考えてしまう。

だからこそ、一度聴けば頭から離れなくなるのだろう。

まずは一度聴いてみて欲しい。
それだけでこの曲の魅力は伝わるはずだから。

ちなみに、こちらで視聴できます。


posted by micarosu at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

Moonlight J-POP 15年10月篇

今回はサブコンで発表した、2015年10月度のマイベスト10を紹介します。
ダウンロード

続きを読む
posted by micarosu at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする