2015年11月08日

「2011ep」 Emerald

今回はEmeraldの「2011ep」を紹介します。
Emeraldの2nd EP。

リード曲「ふれたい光」。
この曲がとにかく素晴らしい。

前半の張り詰めた空気感の愛しさと優しさ。
それだけでも素晴らしいのだが、最後の「You say "Hello!"〜」からの繊細で魂のこもった歌声が畳み掛ける展開が鳥肌が立つほど素晴らしい。

それはサウンドが作る空気感、メロディの展開だけでなく、やはり歌詞の力が大きく働いている。

一文で読めば意味はわかるものの、どこか途切れ途切れの言葉たち。
その言葉を一つずつ感じながら歩き出し、その過程で僕一人だったものが、僕らへと変わり、その意味に少しずつ気づいていく。
そして、そこに光があることに気づく。

これは自分の歩んできた道をもう一度見つめ直してみて、本当に歩む道、光のさす道はどこかを見つけて欲しいという願いなのかもしれない。
だからこそ、聴くことでこんなにも心を動かされる楽曲になっているのだろう。

そして、この「ふれたい光」の入った「2011ep」という作品もまた素晴らしい。

同様の良さを持ちつつ、軽快に聴かせたり、しっとりと聴かせたりと、楽曲ごとにそのイメージが変わる。
その内容はEPとは思えないほど濃いものになっている。

Emeraldの素晴らしさを知るには、申し分ない一枚だろう。

ちなみに、こちらで「ふれたい光」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

Moonlight J-POP 15年9月篇

今回はサブコンで発表した、2015年9月度のマイベスト10を紹介します。
ダウンロード

続きを読む
posted by micarosu at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

「Cocoon」 LILY

今回はLILYの「Cocoon」を紹介します。
LILY初の全国流通ミニアルバム。

いつでも傍にいるような安心感。
それがLILYの音楽にはある。

きれいなメロディ、演奏力の高いサウンド。
どれも安心感を構成する要素ではあるが、一番芯にあるのは歌詞。

聴く人への応援を込めてはいるが、弱さや葛藤も同時に描いていて、その状況から進もうとする光が明確に感じられる説得力がある。

そして、それを響かせる福島さんの歌声の存在。

どことなく儚さを感じさせつつ力強くも響く歌声は、まさに歌詞の想いそのものを表している様で、とても真っ直ぐに、でも自然に聴く人に想いの情景を映す。

そこに色と深みを与えるサウンドが加わり、色鮮やかにその情景が動き出す。
それを聴いたら、LILYの音楽に惹きこまれないわけにはいかない。

中でも「遠く」は、哀愁漂うメロディと切なくも先へと歩んで行こうとする歌詞が、上述の魅力を纏って響いてくる素晴らしい名曲。
これだけでも一聴の価値はあるが、そこから始まるアルバムの内容にも、次々と惹き込まれていってしまう。

それぞれの曲にはそれぞれのドラマ。
でも何故か共感できる想いと安心感が、ここにはある。

アルバムタイトルの「Cocoon」はサナギのこと。
これから羽化をしていく彼らの素晴らしい今を、聴いて感じてみてほしい。

ちなみに、こちらで「遠く」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする