2015年02月22日

「吹雪」 西沢幸奏

今回は西沢幸奏(にしざわしえな)さんの「吹雪」を紹介します。
アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」エンディングテーマ。

"届け 届け"
曲の始まりのその言葉を聴いた瞬間から、吸い込まれていってしまう。

冬のような張り詰めた空気。
その中を進み飛び立とうとする決意を示すような音の重なりと力強さ。

そして、畳み掛けてくるメロディの展開に、雪のように白く真っ直ぐな想いを響かせる凛とした歌声。

それぞれが素晴らしいが、それらを紡ぎ合わせることによって、曲に秘められた想いが何倍にも深く熱く伝わってくることが何より素晴らしい。

また、"吹雪"、"白雪"、"初雪"、"深雪"、"叢雲"、"磯波"と吹雪型駆逐艦の名前を散りばめつつ、意味のある詩になっているところも一つの聴きどころ。

「艦これ」を知っている人はもちろん、知らない人にも是非聴いてもらいたい一曲。
これがデビューとなる西沢幸奏さんの雄姿、聴いて感じてみて欲しい。

ちなみに、こちらで視聴できます。

posted by micarosu at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

「スタンダードプロトタイプ」 Standard Prototype

今回はStandard Prototypeの「スタンダードプロトタイプ」を紹介します。
Standard Prototypeの1stアルバム。

古川昌義さん、坂本サトルさん、真藤敬利さんによる新バンド"Standard Prototype"。
もうこの名前の並びを見ただけで、期待せずにはいられない。

アルバムにはメンバーそれぞれが持ち寄った楽曲がそれぞれ3曲ずつの計9曲。
そして全員で作った「keep in touch」を加えた計10曲が収録されている。

アルバムを聴いて思ったのが、それぞれの個性を活かしつつも確かにStandard Prototypeの楽曲になっているということ。

それは、アルバムを通して音に統一感があるということもあるのだが、一番大きいのは3人のシンガーによるハーモニーだ。

特に「1000年待って」の最後のハーモニーは痺れさせてくれる。

歌い始めは繊細な音色と坂本サトルさんの歌声を響かせてくれていたが、徐々にそこに音が重なっていき、空が開けていくような気持ちにさせてくれる。
そして最後のハーモニーがそこから飛び立たせてくれるような力を与えてくれる。

これはこの3人だからこそできた一曲ではないかと思う。

アルバムにはこれ以外にも魅力的な楽曲が収録されている。
この3人を知っている人は今までと違う魅力を、3人を知らない人はここから生み出される魅力を純粋に感じてみて欲しい一枚。

ちなみに、こちらでアルバムのダイジェストが視聴できます。

posted by micarosu at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

「空想片恋枕草子」 空想委員会

今回は空想委員会の「空想片恋枕草子」を紹介します。
空想委員会のメジャー1stEP作品。

四季をテーマにした4編の淡い恋模様。

それは「春恋、覚醒」の格好良いイントロから始まる。

春という始まりの季節に起こる新しい出会い。
電車の中で見かけた女の子に心躍らせる主人公の感情を表すかのような躍動感あるサウンドが曲を引っ張っていく。

曲が進むにつれ揺れ動く感情と、最後に綴られた詩の意味深さを感じながらアウトロの余韻に浸っていると、どうしようもない哀しい気持ちになってくる。
アッパーなテンポと力強いサウンドで攻めていただけに、最後にこんな哀しさを持ってくることで、聴いていると胸が張り裂けそうな一曲。

続く「作戦コード:夏祭り」はイントロからもどかしさを漂わせる。

好きな子になかなか会えない夏休み。
夏祭りで久々に見かけたのに言葉をかけられないという詩の情景が、音の空気感からも伝わってくる。

切ないメロディが印象的な「秋暮れタイムカプセル」は、まさに秋を感じさせる一曲。

将来について語る二人。
将来をイメージできている君とできていない僕との微妙な距離感。

それを示すかのようなメロディが切なく語り掛けてくるのだが、最終的に見せた僕の前を向く姿勢にあわせるようにサウンドが優しく語り掛けてくれるのが何より耳に残る。

最後は冬の張り詰めた空気感を醸し出す「マフラー少女」。

君と離れていく距離を寂しく感じる直球な歌詞はそれだけでも心を揺さぶるが、冬の寒さを感じさせる音と混ざり合うことにより、より聴き手の心に届く一曲になっている。

季節の移り変わりと感情の移り変わり。
それを4曲という中で魅せた、珠玉のEP作品だ。

ちなみに、空想片恋枕草子 特設サイトで「春恋、覚醒」と「マフラー少女」の視聴ができます。

posted by micarosu at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

「幸せについて私が知っている5つの方法/色彩」 坂本真綾

今回は坂本真綾さんの「幸せについて私が知っている5つの方法/色彩」を紹介します。
「幸せについて私が知っている5つの方法」はTVアニメ「幸腹グラフィティ」オープニングテーマ、新作RPG「Fate/Grand Order」の主題歌になっている。

キラキラした幸福感。
一度聴いた瞬間から、そこにはそんな世界が広がる。

その曲の名は「幸せについて私が知っている5つの方法」。

Rasmus Faberさんによるキラキラしたサウンドとメロディ。
岩里祐穂さんが綴る柔らかく優しく心の奥を刺激する言葉。

そしてそれらを彼女の歌声が紡ぐことで、抱えきれないほどの幸せ感を連れてきてくれる。
そんな世界に浸っていると聴き終えるまでが本当に一瞬で、また何度でも聴きたくなる魔力を持った一曲だ。

そんな曲の後に待つ「色彩」もまた大きな魅力を秘めた一曲。

息をつかせないドラマチックなメロディ展開とサウンド構成が印象的で、世界観に惹きこまれるというより、吸い込まれていく感じがある。

その世界にどことなく漂う空気は絶望もを感じさせるが、最終的には自分が生きている現実という世界へ連れ戻してくれるような力強さも持っていて、聴き終えたときに心に静かな闘志を与えてくれる。

「幸せについて私が知っている5つの方法」と「色彩」。
カップリングの「君の好きな人」も含め、全く違う世界観で楽しませてくれる一枚。

一曲ごとに聴き手の心を揺さぶる楽曲を、存分に堪能して欲しい。

ちなみに、こちらで「幸せについて私が知っている5つの方法」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする