2013年12月31日

2013年お気に入りの曲たち2

引き続きの年末企画。
今回は「2013年お気に入りの曲たち2」として、10位〜1位までを紹介します。


10位:「アレルヤ」 Kalafina

壮大で重厚な音の重なり、語るように歌い上げるKeikoさんの低音の力強い歌声、そしてサビで魅せる三人の歌声のハーモニー。
それらが絶妙に絡み合うことで、生み出される希望という名の光。

その光を、未来へ向かう全ての人に聴いて感じてみて欲しい一曲。




9位:「同じ空の下」 高橋優

ミディアムテンポの流れるようなメロディに、シンプルで直球の言葉。
こういった直球の楽曲は高橋優さんに合わないのではとどこかで思っていたが、そんな危惧は全く持って関係なかった。

それどころか高橋優さんが歌うからこ大きな意味を持ち、聴き手の心に直感的に届く楽曲になっている。




8位:「glow」 keeno

この曲を初めて聴いたとき、溶けるように滲むように入ってくる感情に、すっかり魅了されている自分がいた。

聴くほどに切なくて寂しくて、でも愛しくて。
何度でも何時までも聴いていたくなる一曲。




7位:「桜の声」 moto

美しいメロディと君に届けたい想いを綴った詩。
それを歌い上げるmotoさんの歌声には、詩だけでは伝えきれない様々な想いが宿っているように感じた。

切なさ、哀しさ、その中に見える希望。
そんな色んな想いが聴き手の心の中に入ってきて、揺さぶられないはずがない。




6位:「初恋」 秦基博

きれいなだけじゃない"初恋"の姿を、記憶を読み解いていくように映し出す詩。
そこに、絡まってほどけなくなくなった関係を演出するようなピアノの音色も相まって、儚さと切なさを響かせる。

この曲は秦さんの楽曲の中でも特に切なく、メロディが美しい。
一つの到達点とも言えるほどの完成度の名曲だ。




5位:「今、咲き誇る花たちよ」 コブクロ

アルバム「One Song From Two Hearts」の最後に収録されている楽曲。

民族調で幻想的なサウンドに乗る希望を込めた言葉。
コブクロ2人の絶妙なハーモニーと美しいメロディも相まって、聴き手の心に自然と温かさを届けてくれる名曲。




4位:「表裏一体」 ゆず

ヒャダインとの2作目のコラボ曲。
前回の「REASON」のときも新たなアプローチで驚かされたが、今回はそれを遥かに超えてきた。

始まりの「Woo-woo-」から一気に惹きこまれ、新鮮な曲展開で聴く者の心を離さない。
せっかくヒャダインとコラボするわけだし、このくらい突き抜けて良い。




3位:「影踏み」 nano.RIPE

この歌を聴いていると、"今"というものがとてもかけがえのないものだと思わせてくれる。

夕焼けというわずかな時間が描かれているということもあるが、何気ない会話や笑顔が見せる一瞬の世界がアップテンポな曲の進行とともに少しずつ過ぎていくことで、その気持ちを高めている。

一度聴き始めれば、曲が終わるまでその耳を離すことは無い。
そして聴き終えた後、心に温かさを残していることだろう。




2位:「音楽はあるか」 ウラニーノ

"戦争の終わりを告げるラジオのように"
この言葉を聴いて、ドキッとした。

音楽には色んな形があるが、例えば"戦争の終わりを告げるラジオのように"聴き手の心に訴えかけるような音楽はあるのだろうか?

その問いかけにはもちろん明確な答えはない。
だがそこに疑問を呈することで、作り手としての葛藤とあってほしいという希望が垣間見え、綴られた言葉が真摯に伝わってくる名曲。




1位:「桜のあと(all quartets lead to the?)」 UNISON SQUARE GARDEN

曲の始まりから漂うワクワク感。
それに誘われるままに耳を傾けてしまう。

言葉数の多い詩も流れるようなキャッチーなメロディが心地よさに変えながら、聴き手にはある気持ちも届けてくれる。

"楽しい"
そこに気づいたら、もう彼らが作る音楽の世界の虜だ。

音に誘われるままに楽しめばいい。
まさにそれを体現したUNISON SQUARE GARDEN至上最高に爽快な楽曲。




以上、2013年お気に入りの曲たちの10位〜1位まででした。

今年もいい曲がありすぎてかなり悩みました。
特に上位3曲については差をつけるのが難しかったですが、最終的にこのランキングにさせていただきました。

その結果アルバムと曲の1位と2位のアーティストが同じという結果に!

音楽の本質に迫ったウラニーノと、音楽の楽しさに迫ったUNISON SQUARE GARDEN。
どちらもタイプは違えど、今の音楽シーンに一石を投じるアーティストであることは間違いない。

来年以降も彼らの楽曲には注目していたきたいですね。

TOP30で一番ランクイン数が多いのがゆずの3曲。
今年のゆずはシングルにしろアルバムにしろとんでもなく豊作で、いい意味で悩ませてくれました。

ヒャダインとのコラボなど面白い挑戦もしてくれているので、まだまだ楽しませてくれますね。

この年間ランキングは何年かやっていますが、今まで聴いてはいつつも今回が初ランクインとなる人も結構います。

その中でも注目はKalafina。
年々進化を重ねるサウンドと歌声は聴きごたえがあります。

個人的には初めて単独ライブにも参加できましたし(単独ライブでなければ何度か参加したことはある)、1年を通してKalafinaの良さを再認識した年でもありました。

新人ではmotoさんに注目。
歌声は間違いなく素晴らしく、それを活かす「桜の声」のような名曲が生まれたことは非常に嬉しい。
来年以降の活躍にも期待したいところです。

さて年末企画はこれで終了…といつもなら言うところですが、今回は明日もう一度更新しようと思います。

アルバムのTOP20と、曲のTOP50を発表しようと思います!

いつもアルバムTOP10、曲TOP30だけでは紹介しきれていない名曲がありますので、本当にランキングだけですが発表します。
もし興味があれば明日の更新も楽しみにしていてください。

ではよいお年を。
posted by micarosu at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

2013年お気に入りの曲たち1

昨日に引き続きの年末企画。
今回は「2013年お気に入りの曲たち1」として、30位〜11位までを紹介します。

30位:「シリョクケンサ」 40mP
29位:「CHEEKY」 豊崎愛生
28位:「未来へのスパイラル」 グッドモーニングアメリカ
27位:「せーのっ!」 情報処理部(大久保瑠美、津田美波、種田梨沙)
26位:「If」 MONKEY MAJIK


30位は40mPのアルバム「シンタイソクテイ」収録曲。
40mPらしい独特のメロディで聴く者の心を離さない一曲。

29位は豊崎愛生さんのシングル曲。
昨日のアルバムランキングでも書きましたが、最近の楽曲はとにかく大人びた印象。
それを象徴するような一曲。

28位はグッドモーニングアメリカのアルバムと同名のナンバー。
グドモらしいアップテンポの盛り上がり方がとにかく心地よい。

27位はアニメ「ゆゆ式」のOP曲。
最高にポップでキラキラのナンバー。
ふわりPの楽曲の中でも個人的には一番好きな曲になりました。

26位はMONKEY MAJIKのシングル曲。
ピアノを主にしたシンプルなサウンドに、別れと旅立ちを綴った美しい日本語詩が心地よい一曲。


25位:「REASON」 ゆず
24位:「One Song From Two Heats」 コブクロ
23位:「ナイーヴな人々」 キリンジ
22位「夏休み」 wacci
21位「向かい風」 YOHKO


25位はゆず。
ヒャダインの初コラボナンバーで今までにないゆずの一面を見せてくれた。
「表裏一体」もそうだが、ヒャダインとのコラボは面白い景色を見せてくれる。

24位はコブクロ。
正直売れ線の曲ではないが、音楽の本質に迫ったようなこの曲は新鮮で力強く響いてくる。
この曲をシングルとしてリリースしてくれたことは素直にうれしい。

23位はキリンジの堀込兄弟としてのラストアルバム「Ten」に収録のナンバー。
カントリー調のサウンドが心地よく響く名曲。
最後の最後まで良い曲を聴かせてくれました。

22位はwacciの1stシングル曲。
夏が持つ独特の切ないサウンドの中に、流れるようなきれいなメロディが広がることで、そこに綴られたドラマを鮮明に映し出すような一曲。

21位はYOHKOさんのデビューシングル。
YOHKOさんの独特な歌声が魅力的だが、民族音楽的な要素を含みつつも、疾走感溢れるポップなナンバーに仕上げたサウンドも聴きどころ。


20位:「キラーボール」 ゲスの極み乙女。
19位:「ラブホテル」 クリープハイプ
18位:「空へ届け」 アンダーグラフ
17位:「友〜旅立ちの時〜」 ゆず
16位:「らへん」 近藤晃央


20位はゲスの極み乙女。の2ndミニアルバム「踊れないなら、ゲスになってしまえよ」収録曲。
サウンドの展開が衝撃的ではあるが、芯にあるメロディがきれいに作られているので、不思議なほど惹きこまれてしまう一曲。

19位はクリープハイプのアルバム「吹き零れる程のI、哀、愛」収録曲。
流れるような夏を感じさせるメロディに尾崎さんの絶妙な世界観が絡む名曲。

18位はアンダーグラフのアルバム「7+one 〜音の彩り〜」収録曲。
アンダーグラフらしい切なさを醸し出しつつも、その奥に希望が見え隠れするサウンドが印象的。
このアルバムでは色んなプロデューサーとコラボしていたが、その中でも特に秀逸な一曲。

17位は再びのゆず。
きれいなメロディが印象的な名バラード。
「♪Wow 遠く 遠く」からの展開は鳥肌もの。

16位は近藤晃央さんのシングル曲。
"好き"とか"愛してる"の言葉だけではない、もっと心の奥の部分で抱いている想い。
それをシンプルできれいなメロディと近藤さんの優しい歌声が愛おしさを連れて届けてくれる名曲。


15位:「CANDY」 高橋優
14位:「君が君が」 baker
13位:「ジュブナイル」 amazarashi
12位:「ファンファーレがきこえる」 Base Ball Bear
11位:「月光STORY」 SCREEN mode


15位は高橋優さんのアルバム「BREAK MY SILENCE」収録曲。
自身のいじめ体験を歌にしたこの曲は、聴いていると心が締め付けられそうではあるが、ただ辛かったでは終わらせずその出来事を受け止められるときが来るという前向きな想いも汲み取れる。
この曲を形にするのは勇気がいることだっただろう。

14位はbakerさんのアルバム「escapist and realist」収録曲。
イントロのピアノの音色から一気に惹きこまれてしまう名曲。
ギターサウンドもさることながら、最後の「君が 君が 幸せなら」の言葉とそのあとの展開は素晴らしいの一言。

13位はamazarashiのアルバム「ねえママ あなたの言うとおり」収録曲。
自身の叫びの中にどこか聴き手を応援するような温かさが含まれた名曲。
今までもamazarashiの曲に心を打たれたことはあるが、この温かさに感激した。

12位はBase Ball Bearの「ファンファーレがきこえる」。
初めて聴いたときのインパクトが忘れられない。
日々をもがきながら生きている姿を描きながら、自分の人生はもっと輝いていけるはずだと決意のように繰り出される言葉が、サビで一気に炸裂する展開にやられた。

11位はSCREEN modeのデビュー曲。
正統派。
この言葉が似合うユニットに久々に出会えた気がする。
詩やメロディの耳馴染みの良さだけでなく、曲に込められた温かさを聴いているだけで自然と聴き手に届かせてくれる名曲。


以上、30位〜11位まででした。

明日はTOP10をお届けします。
よろしければもうしばらくお付き合いお願いします。

ではまた。
posted by micarosu at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

2013年お気に入りのアルバムたち

2013年末ということで、今年の曲を振り返ってみようと思います。

今回は「2013年お気に入りのアルバム」を紹介していきます。

まずは10位〜5位まで。

10位:「7+one 〜音の彩り〜」 アンダーグラフ
9位:「Stranger」 星野源
8位:「エウアル」 やなぎなぎ
7位:「LAND」 ゆず
6位:「生きる」 カラーボトル


10位はアンダーグラフの「7+one 〜音の彩り〜」。

7人にプロデューサーと共に仕上げたという意欲作。
今まで以上に明るさが強調されただけでなく、彼らの世界にさらに広がりが加わったという点でも、彼らの魅力を改めて感じさせてくれた1枚。


9位は星野源さんの3rdアルバム。

以前は日常感溢れるバラード曲が多かったが、今作では非常に曲の幅で魅せてくれた。
まだ見たことのない星野源の世界を感じることができる名盤。


8位はやなぎなぎさんの1stアルバム。

supercellのボーカルとしては明るくも切ない楽曲のイメージがついたが、元々はもっとゆったりとした曲のイメージが強かっただけに、このアルバムはいい意味で裏切られた。
この素敵な歌声でこんな色んな楽曲の一面を見せてくる1枚が名盤でないわけがない。


7位はゆずの「LAND」。

その名のとおり、テーマパーク感のある楽しいアルバム。
でも楽しいだけでなく、光と影、生きている中で必ず出会うこの2つが、アルバムという枠の中でバランスよく表現されている。


6位はカラーボトル

すごく活き活きと音を鳴らしている。
バンドが伝えたいこと、向かいたいところ、そのベクトルが決して揺るがないからこそできた"生きている"アルバム。


それではここからはTOP5の発表。


5位:「太陽と月のオアシス」 ピロカルピン

全体を通してドラマチックな作品で、聴き進めるのが楽しみでしょうがないのはもちろんなのだが、それ以上に一枚を聴いたときの満足感がこの作品の大きな魅力。

今聴いている曲が太陽、それ以外が月だとすれば、その曲は輝いているけど、その太陽の輝きで月も輝いている。
そんな絶妙な関係性を持った曲と曲。

それを反映したかのようなタイトル「太陽と月のオアシス」含め、どれか一つでも欠けたら出来なかったであろう最高の一枚。




4位:「Love Letters」 豊崎愛生

すごく大人びた印象を受けた。

そういった楽曲が収められているからではあるが、決してそれだけではなく、彼女自身がそれを受け止められるようになったのが大きい。
「CHEEKY」を聴くとそれがよくわかる。

またこのアルバムはラスト3曲「オリオンとスパンコール」、「true blue」、「letter writer」の流れがとにかく素晴らしい。
それまでの流れ・楽曲も素晴らしいが、この最後の流れだけでも是非聴いてほしい。





3位:「One Song From Two Hearts」 コブクロ

前作から4年4か月ぶりの通算8枚目のアルバム。
その間にリリースされたシングルが全て収められているのであまり期待できないかと思っていたが、とんでもない思い違いだった。

もちろんシングル曲はすべて良いのだが、アルバム曲がそれに負けずとも劣らない名曲揃い。
バラード曲や暗めの楽曲などシングルにはなかった部分を見事に補っている点からも、アルバムとして聴いた際に素晴らしい仕上がりになっている。

外れなし、文句なしの1枚だ。




2位:「音楽はあるか」 ウラニーノ

"戦争の終わりを告げるラジオのように"
例えばそんな風に聴き手の心に訴えかけるような音楽はあるか?

その問いかけにはもちろん明確な答えはない。
だがそこに疑問を呈することで、作り手としての葛藤とあってほしいという希望が垣間見え、綴られた言葉が真摯に伝わってくる一枚。

「ブランクミュージック」、「愛してる」、「無題」などを聴くとよくわかるが、ただキャッチーであったり、ポップであったり、そういうことではない本当の音楽の姿がここにはある。




1位:「CIDER ROAD」 UNISON SQUARE GARDEN

前作「Populs Populus」でポップに思い切り振ったアルバムだと思っていたが、今作はそれを遥かに超えてきた。

「to the CIDER ROAD」の歌詞にもあるが、「♪CIDER ROAD もう迷わないで」この言葉が全てを語っている。
ポップであることにもう迷わないと。

今回のアルバムはまさにポップそのもの。
サウンドがキラキラしていて、言葉もシンプルになってるからすごく耳になじむ。

また今回のアルバムは曲と曲の繋ぎが素晴らしい。
余韻を残しつつも間髪いれずに次へ次へと展開していく流れは、ライブを彷彿とさせる。

この最高のポップさとライブ感。
それが絶妙に絡み合った名盤。





以上、「2013年お気に入りのアルバムたち」でした。

年間のまとめ的な話はまた後日書こうと思いますので、よければそちらもお楽しみ。
明日は「2013年お気に入りの曲たち1」をお届けします。

ではまた。
posted by micarosu at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

「ファンファーレがきこえる/senkou_hanabi」 Base Ball Bear

今回はBase Ball Bearの「ファンファーレがきこえる/senkou_hanabi」を紹介します。
「ファンファーレがきこえる」は「KONAMI/プロ野球ドリームナイン SUPERSTARS」タイアップソング、「senkou_hanabi」は閃光ライオット2013公式応援ソング/「アキュビュー」ラジオCMソング。

「ファンファーレがきこえる」を初めて聴いたときのインパクトが忘れられない。

日々をもがきながら生きている姿を描きながら、自分の人生はもっと輝いていけるはずだと決意のように繰り出される言葉が、サビで一気に炸裂する。

言葉の選び方やキャッチーなメロディもさることながら、このサビへの展開が素晴らしい。

一度聴けばそのワクワク感と爽快感が忘れられなくなる名曲だ。

「senkou_hanabi」は懐かしさと切なさが交差する一曲。
青春時代を思い出し、あの頃の輝きを懐かしむ姿は、タイトルの「senkou_hanabi」のように儚く切ない。

この曲単独で聴いてももちろん良いのだが、この後にもう一度「ファンファーレがきこえる」を聴くと、そんな時代もあり今もいろんなことがあるけど、振り返ってばかりもいられないという想いをより強く感じることができる。
もちろん逆も然りだ。

今と昔。
時間軸は全く違うものの、どちらも自分という人生のライン上にあるもの。

そのライン上の景色を対比するような楽曲の並びを楽しむのもこの一枚の魅力。
どちらも外すことはできない名曲だ。

ちなみに、こちらで「ファンファーレがきこえる」のトレーラー映像が見れます。

posted by micarosu at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

「Daisy」 STEREO DIVE FOUNDATION

今回はSTEREO DIVE FOUNDATIONの「Daisy」を紹介します。
TVアニメ「境界の彼方」エンディング主題歌。

優しく語りかけるように。
優しく手を差し伸べてくれるように。

今という現実の中で感じる憂いや葛藤。
それを映すエモーショナルなサウンド。

ピアノの音色がそこに温かさを加え、R・O・Nさんの歌声がこの世界に微かな光を灯す。

サウンドの中で現実の暗さを見せているからこそ、そこに乗る歌声と希望の言葉が大きな意味を持ち、聴いたときに不思議なほど優しい気持ちにさせてくれる。

詩や曲の良さはもちろん、アレンジも含めた一体感。
その完成度の高さに聴き惚れてしまう一曲だ。

ちなみに、こちらでPVのShort Ver.が見れます。


posted by micarosu at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする