2013年05月19日

「Stranger」 星野源

今回は星野源さんのアルバム「Stranger」を紹介します。
星野源さんの3rdアルバム。

こんなにも表情が豊かだっただろうか。

以前の星野さんは日常感溢れるバラード曲が多かったが、今作では非常に曲の幅を感じる。

この感情は元々シングル「夢の外へ」を聴いたときにも感じたものだが、このアルバムを聴いて改めてそれを感じた。

明るい部分、暗い部分。
誰かへのメッセージに、物思いにふけるだけの言葉。
時にはポップに、時にはソウルにそれらを乗せる。

でもそこに無理は感じない。
あくまで星野源として何を届けたいかを自身に問うて作られた感があり、どれを取っても間違えなく星野源なのである。

タイトルの「Stranger」は直訳すれば見知らぬ人。
アルバムの内容から意味を考えれば、星野源の中の見知らぬ人=自分自身も気づかなかった奥に秘めた感情と捉えられる。

まだ見たことのない星野源の世界。
あなたはここで新たな星野源を知ることになる。

ちなみに、星野源3rdアルバム『Stranger』特設サイトから「化物」のPV視聴ができます。

posted by micarosu at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする