2013年01月20日

「生きる」 カラーボトル

今回はカラーボトルのアルバム「生きる」を紹介します。
カラーボトルの4thアルバム。

喜び、怒り、哀しみ、楽しみ。
すべて生きているからこそ感じることができるものだ。

このアルバムを聴きながらそんな感情に浸っていると、あぁそうか、生きているんだなと改めて思った。

それは竹森さんの歌声や歌詞だったり、熱い音楽だったり、そして我武者羅應援團や鶴とのコラボといった新しい風だったり、そういう色んな要因があるが、あえて一言で言うのであれば、"すごく活き活きと音を鳴らしている"ということだろう。

だからどんな感情もすんなりと受け取ることが出来て、かつその感情を実感できる。
こんな感覚は初めてかもしれない。

バンドが伝えたいこと、向かいたいところ。
そのベクトルが決して揺るがないからこそできた"生きている"アルバム。

何も考えずに一度聴いてみて欲しい。
それだけで説明はいらない。

ちなみに、「生きる」特設サイトから一部視聴できます。

posted by micarosu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする