2012年12月28日

2012年お気に入りの曲たち2

今日は昨日に引き続き、2012年お気に入りを紹介してきたいと思います。

二日目の今日は「2012年お気に入りの曲たち2」として、今年のお気に入りTOP10をお届けします。続きを読む
posted by micarosu at 18:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

2012年お気に入りの曲たち1

昨日に引き続き、2012年お気に入りを紹介してきたいと思います。

二日目の今日は「2012年お気に入りの曲たち1」として、今年のお気に入り30位〜11位までをお届けします。


【ランキング対象曲】
基本的には今年初めてCD化された楽曲が対象です。
(つまり、配信限定でCD化されていない楽曲は対象外)

またVOCALOIDを使用した楽曲は、単独名義でCDリリースがあった曲のみ対象。
(コンピレーションにしか入っていない楽曲は対象外)続きを読む
posted by micarosu at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

2012年お気に入りのアルバムたち

2012年ももう少しで終わります。

今年はいつもより少し早いですが、今日から明後日にかけて2012年のお気に入りの曲たちを紹介していきたいと思います。

初日の今日は「2012年お気に入りのアルバムたち」を紹介します。続きを読む
posted by micarosu at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

「テテ」 近藤晃央

今回は近藤晃央(こんどう あきひさ)さんの「テテ」を紹介します。
近藤晃央さんの2ndシングル。
読売テレビ・日本テレビ系全国ネットTVアニメ「宇宙兄弟」エンディングテーマ。


この曲を聴いて、耳に止まらない人はいないだろう。
と言えるくらいに圧倒的なインパクトと力を持った一曲。

手で掴めるものが右手で一つ、左手で一つなら、その手と手をあわせて君という一つが欲しい。
それを願うことしかできなかった葛藤から一歩踏み出そうとした姿が、ラテン調のサウンドに乗り、情熱的に響き渡る。

それはただインパクトがあるだけでなく、前作「フルール」同様に歌謡曲のような聴きやすさも兼ね備えている。

決して奇を狙ったわけではなく、近藤晃央の芯の部分は揺らがないまま見せてくれた新たな一面。
これからの活躍を期待する意味でも聴き逃してはいけない一曲だ。

ちなみに、近藤晃央 official webisiteから視聴できます。


posted by micarosu at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

「まぼろしアンソロジー」 ピロカルピン

今回はピロカルピンのアルバム「まぼろしアンソロジー」を紹介します。
ピロカルピンのメジャーセカンドアルバム。

テーマは「架空と現実、過去と未来を紡ぐ、幻想短編詩集」。
自主制作時代の楽曲5曲と新曲2曲で構成されたアルバム。

特にバンドの方向性を決めたという「桃色のキリン」は圧巻。

哀愁漂うサウンドの中に、物語のような世界が広がる。
言い換えれば絵本を聴いているような、そんな独特の雰囲気に浸ることができる。

「桃色のキリン」をはじめ、一曲一曲の完成度が非常に高く、聴き進めることが楽しみになってくる。

しかし、これだけ個性豊かな曲が入っているとバラバラな感じもするが、不思議なほど一体感があることに気づく。

それは、芯の部分でピロカルピンというバンドの存在が揺らいでいないからだろう。

確かな信念と自身。
それがあるからこそ、過去の曲と今の曲を繋ぐというアルバムができたのだろう。

"まぼろし"をテーマにした7つの物語。
どの物語を切り取っても、ピロカルピンの魅力が楽しめる一枚だ。

ちなみに、ピロカルピン OFFICIAL WEB SITEから「桃色のキリン」のPV視聴ができます。

posted by micarosu at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする