2012年03月25日

「この声」 高橋優

今回は高橋優さんのアルバム「この声」を紹介します。
高橋優さんのセカンドアルバム。
「誰がために鐘は鳴る」、「誰もいない台所」、「卒業」が収録されています。

シングル「卒業」で、変わらない昨日を受け止めることで、未来は変わるかもしれないという、"今"を生きていく全ての人たちへ勇気を与えてくれた高橋優さん。

「この声」は、その「卒業」の想いが息づいた、願いと希望のアルバムだ。

高橋優さんというと、"リアルタイムシンガーソングライター"と呼ばれるように、思ったことを思ったまま歌うという印象がある。
それは、誰かのためというより、自分の想いを形にして届けようという感じ。

今回のアルバムでは、その"リアルタイムシンガーソングライター"という根幹は変わらず、自分の想いを"聴き手一人一人"に届けようという気持ちが強く感じられる。

「この声」というタイトルの意味はここにある。

何かに迷ったときや悩んでいるとき、誰かの助けを必要としているなら、「この声」を聴いてみて欲しい。
ここにあなたの心を揺さぶる想いがある。

ちなみに、こちらから一部視聴できます。

高橋優 セカンドアルバム 『この声』 プレ特設サイト

高橋優オフィシャルサイト


この声(初回限定盤)

この声(初回限定盤)

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/03/14
  • メディア: CD



この声(通常盤)

この声(通常盤)

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/03/14
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

「永遠」 越山元貴

今回は越山元貴(こしやまげんき)さんの「永遠」を紹介します。
YouTubeの自室での弾き語り動画が話題となり、日本テレビ系列全国ネット「スター☆ドラフト会議」に出演し、絶賛された越山さんのハイトーンボイス。
本作でついにメジャーデビューです。

一瞬聴いただけで魅了されてしまう、魅惑のハイトーンボイス。

表題曲「永遠」では、いつまでも愛し続ける気持ちをストレートに歌いあげていて、透明感のある歌声は、そのゆるぎない気持ちを自然と感じさせる。

コーラスも心地よく、聴いているだけで心が晴れてくるような一曲だ。

カップリングの「旅立つ君にこの歌を」では、静かなメロディの中に凛とした歌声が響き渡る。
旅立ちという切なさが、詩だけでなく、歌声そのものから伝わってくる一曲。

どちらも形は違えど、越山さんの歌声の魅力を感じずにはいられない曲たち。

また他の作品も聴いてみたい。
そう思わずにはいられない、メジャーデビューシングルです。

ちなみに、You Tubeで「永遠」のミュージックビデオ(30秒)を公開しています。

オフィシャルサイト


永遠

永遠

  • アーティスト: 越山元貴,越山元貴,大西省吾
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2012/02/29
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

「光をあつめて」 藤巻亮太

今回は藤巻亮太さんの「光をあつめて」を紹介します。
レミオロメンのボーカリスト藤巻亮太さんのソロデビューシングル。
東日本大震災後、音楽と向き合うことで生まれた一曲です。

心の中に抱えた闇、葛藤。
その心情を映したかなようなピアノ音色から始まるこの曲。

色んなものを閉ざしてしまいそうになるときもあるけど、それでも歩いていこう。
今はわずかな光だとしても、それが希望となることを信じて。

詩に刻まれたそんな想いは、曲の進行とともに加わる音色と歌声に乗り、心に光を差し込ませてくれるよう。

それは、聴き手へのメッセージであることはもちろん、ソロとして一体何が出来るのか?という藤巻さん自身へのメッセージのようにも感じられる。

つまり、本物の言葉で書かれた想いだからこそ、聴き手の心にも自然と入ってくるのだろう。

希望であり、願いの歌。
この曲が、多くの人の心に光を差し込むきっかけとなって欲しい。

ちなみに、藤巻亮太 オフィシャルサイトからPV視聴できます。


光をあつめて

光をあつめて

  • アーティスト: 藤巻亮太
  • 出版社/メーカー: ORS
  • 発売日: 2012/02/29
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

「雪の降る街/冬のダイヤモンド」 Aimer

今回はAimer(エメ)さんの「雪の降る街/冬のダイヤモンド」を紹介します。
Aimerさんの3rdシングル。
カップリングには中島美嘉さんの「ORION」のカバーも収録されています。

凛とした空気に響く歌声。
それは、確かな存在感を放ちつつも、儚く消えていく。

その一瞬一瞬、聴き手の心へ、詩に刻まれた風景を落とす。

切ない思い出、かじかんだ指、駅のホーム、雪の降る街…。

あまりに自然に心に入ってくるその想いは、まるで聴き手自身の記憶にあったもののように感じてしまう。
こんな素敵な歌声に出会えることは、そうそうないしれない。

ミディアムテンポでドラマチックに展開されるメロディに、この歌声。
これが名曲にならないはずがない。

両A面の「冬のダイヤモンド」、カップリングの「ORION」も含め、冬の空気に触れながら、この歌声に浸ってみて欲しい。
そこに広がる風景に、きっと愛おしさを感じずにはいられなくなる。

ちなみに、Aimer オフィシャルサイトから視聴できます。


雪の降る街/冬のダイヤモンド

雪の降る街/冬のダイヤモンド

  • アーティスト: Aimer
  • 出版社/メーカー: DefSTAR RECORDS
  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:54| Comment(3) | TrackBack(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする