2011年04月24日

「リアルタイム・シンガーソングライター」 高橋優

今回は高橋優さんのアルバム「リアルタイム・シンガーソングライター」を紹介します。
高橋優さんのファーストフルアルバム。
シングル「素晴らしき日常」、「ほんとのきもち」、「福笑い」、「現実という名の怪物と戦う者たち」が収録されています。

何かすごい一枚に出会ってしまった気がする。

アルバムは、インディーズの頃を彷彿とさせる強い言葉が印象的な「終焉のディープキス」から始まる。
「素晴らしき日常」が続き、高橋さんが描く言葉の力に心を揺さぶれつつ、「福笑い」で知らず知らずに笑顔になる。

「メロディ」で優しい気持ちになって、「希望の道」、「靴紐」で勇気をもらい、「サンドイッチ」で少し凹んで、「ほんとのきもち」で自分の気持ちを改めて感じる。

「虹と記念日」に幸せを感じて、「現実という名の怪物と戦う者たち」で前に進む気持ちをもらって、「少年であれ」で少し悩んで、また前に進もうとする。

とにかく幅が広いというより、色んな顔を覗かせる。
それはやはり、日々を過ごしながら感じた、一人の男の想いが現れてるからだろう。

決して大げさなことを歌っているわけではないし、誰かのために歌っているわけではない。
でも、その言葉に重なる部分がきっとあると思う。

「リアルタイム・シンガーソングライター」
今日思ったことを今日歌う、高橋優さんならではのアルバムだ。

ちなみに、高橋優「リアルタイム・シンガーソングライター」特設サイトで視聴できます。


リアルタイム・シンガーソングライター(DVD付き初回限定盤)

リアルタイム・シンガーソングライター(DVD付き初回限定盤)

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/04/20
  • メディア: CD



リアルタイム・シンガーソングライター

リアルタイム・シンガーソングライター

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/04/20
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

「宇宙のみなしご」 ピロカルピン

今回はピロカルピンのアルバム「宇宙のみなしご」を紹介します。
ピロカルピンの3rdアルバム。
シングル「存在証明」、「終焉間際のシンポジウム」も収録されています。

たまたま耳にした「見えざる手」の不思議な幻想感と未来を予感させるメロディ。

そんな「見えざる手」も収録されているのが、このアルバム「宇宙のみなしご」。

「見えざる手」はもちろん、幻想的で吸い込まれそうな世界観が広がり、聴く人の心に直接届くような言葉が耳に残る。

中でも「存在証明」は、歌声と印象的なギターの音色が、詩の世界である真夏の夜のちょっと怪しげな雰囲気と重なり、不思議なほど惹きこまれてしまう作品になっている。

アルバムには、夕暮れから夜が舞台になっているものが多く収められているが、全てに共通して言えるのが、影の中に光が見えるような楽曲になっているといこと。

このアルバムは、聴く人に未来を信じさせてくるようで、彼らの未来への期待を感じられる一枚でもある。

見えざる手の詩を借りるのであれば

誰もが持っている 切り開く手を
 少しだけ遅れている夜明け


この作品が、色んな人の心、そして音楽シーンの新しい未来を作ってくれるのはでないかなと思う。

ちなみに、ピロカルピン OFFICIAL WEB SITEから「見えざる手」、「存在証明」のPV視聴ができます。

「宇宙のみなしご」特設ページ


宇宙のみなしご(初回限定盤)

宇宙のみなしご(初回限定盤)

  • アーティスト: ピロカルピン
  • 出版社/メーカー: グララーガ
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

「たからもの」 高垣彩陽

今回は高垣彩陽さんの「たからもの」を紹介します。
スフィアとしても活躍する声優・高垣彩陽さんの3rdシングル。
スマートフォンドラマ「夏休みの恋人」の劇中歌になっています。

「君がいる場所」、「光のフィルメント」と、圧倒的な歌唱力で聴き手を魅了してきた高垣彩陽さん。

今回の曲は、今までの曲と一線を画す、一つ一つの言葉が染みこんでくるような楽曲。

「また明日」って言えなくなるけど
 終わりじゃない 始まりなんだ


卒業をテーマに描かれる、思い出を振り返りたい気持ちと、胸に抱いて進もうとする気持ち。
この揺れ動く気持ちを、末光篤さんのメロディがしっかりと、そして優しく包み込んでくれる。

切なくも温かい。
聴いていると、そんな気持ちに浸れる一曲。

少しだけ時間の流れを忘れて、この曲に浸ってみるのもいいかもしれない。

ちなみに、高垣彩陽 OFFICIAL WEB SITEで視聴できます。


たからもの(初回限定盤)(DVD付)

たからもの(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 高垣彩陽
  • 出版社/メーカー: ミュージックレイン
  • 発売日: 2011/04/06
  • メディア: CD



たからもの

たからもの

  • アーティスト: 高垣彩陽
  • 出版社/メーカー: ミュージックレイン
  • 発売日: 2011/04/06
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

「明日の花」 大知正紘

今回は大知正紘さんの「明日の花」を紹介します。
大知正紘さんのセカンドシングル。
バンドサウンドで聞かせる、また新たな一面が見れる曲になっています。

シンプルな構成と詩が印象的だった前作「手」と違い、バンドサウンドを前面に押し出した、厚みのあるサウンドが印象的な今作。

泣いて笑って繋ぎ合わせた 僕らは明日を信じていこう

誰しもが抱える葛藤。
うまくいかない自分に対して、どうしようもなくなっている気持ち。
そんな内面が見え隠れする。

振り返ることも、悩むこともいい。
それでも、明日を信じて歩いていくことだけはやめたくない。

そんな決意が見える一曲。

カップリングの「虹の見える世界で」も印象的な曲で、虹の向こうに行こうとするのではなく、虹が見える"今"を競い合いながら生きていきたいという詩が耳に残る。

「明日の花」、「虹の見える世界で」どちらも形は違えど、今を生きる人に訴えかける、大知さん心の叫びのようだ。

その言葉を耳にすれば、心が揺さぶられることだろう。

ちなみに、大知正紘公式サイトで視聴できます。

さらにちなみに、4/13にはファーストアルバム「ONE」がリリースされます。
1stシングル「手」はもちろん、今回紹介した「明日の花」、「虹の見える世界で」も収録されています。
こちらも注目です。


明日の花

明日の花

  • アーティスト: 大知正紘
  • 出版社/メーカー: Driftwood Record
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD



ONE

ONE

  • アーティスト: 大知正紘,皆川真人
  • 出版社/メーカー: Driftwood Record
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする