2011年03月27日

「いつだって。」 ダイスケ

今回はダイスケさんの「いつだって。」を紹介します。
ダイスケさんのセカンドシングル。
フジテレビ系ノイタミナアニメ「放浪息子」のオープニングテーマになっています。

どこまでもポップで、どこまでも真っ直ぐ。

爽やか過ぎるくらい爽やかでキャッチーなメロディに、甘い歌声。
その歌声で届けられる、包み込んでくれるようなメッセージ。

ありのままの君でいて、いいんだよ

頑張れということだけが応援じゃない。
そのままでいいんだよと、少しだけ背中を押してくれる優しさ。
そんなメッセージがこの歌にはある。

どんな辛い状況でも、聴いた人が微笑んでくれるような、そんな曲です。

ちなみに、ダイスケ Official websiteから視聴できます。


いつだって。

いつだって。

  • アーティスト: ダイスケ
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

「バイ マイ タウン」 HOW MERRY MARRY

今回はHOW MERRY MARRYのミニアルバム「バイ マイ タウン」を紹介します。
4人組ロックバンドHOW MERRY MARRY(ハウメリーマリー)のメジャーデビューミニアルバム。
収録曲の「ノーザンライツ」はアニメ「ソウルイーターリピートショー」エンディングテーマになっています。

どこか懐かしく、どこか温かい。

本作「バイ マイ タウン」でメジャーデビューとなるHOW MERRY MARRYの楽曲を聴いていると、そんな気持ちになる。

その気持ちを一番感じさせてくれたのは、表題曲の「バイ マイ タウン」。

故郷への想いと、今住んでいる街での決意を綴った詩だけで温かい気持ちになるだけでなく、その詩が、丁寧に折り重ねられたメロディにリンクして、今までの人生を重ねてきたことで今の自分があるんだよというメッセージも感じられる一曲。

時に後ろを振り返りながらも、前を向いていこうという気持ちにさせてくれる温かい楽曲だ。

一方、4曲目に収録されている「ノーザンライツ」では、強い決意を綴った詩を、疾走感溢れるバンドサウンドで響かせてくれる。
こちらは、こういう一面もあるんだよという、バンドとしての幅の広さが感じられる一曲。

全体を通して、心にそっと寄り添ってくれるような温かい楽曲が多く、聴き終わった後に不思議なほど幸福感を味わえるよう。

"幸せになるための方法"=HOW MERRY MARRY。
そのバンドの意味がわかるような、ミニアルバムです。

ちなみに、「バイ マイ タウン」スペシャルサイトで「バイ マイ タウン」
HOW MERRY MARRY OFFICIAL WEB SITEで「ノーザンライツ」がそれぞれ視聴できます。


バイ マイ タウン

バイ マイ タウン

  • アーティスト: HOW MERRY MARRY
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

「希望の道」 サンボマスター

今回はサンボマスターの「希望の道」を紹介します。
「卒業」に関わる全ての人に、サンボマスタ−が贈るテーマソング。
感動の名曲の誕生です。

ふと耳にしたこの楽曲に、いつの間にか聴き入ってしまった。

最初声を聴いたときにサンボマスターじゃないような気がしたが、声を聴いてこれはサンボマスターの曲なんだと気づいたくらい、いつもと違う静かで壮大なメロディが印象的なバラードナンバー。

希望の道 僕がゆく道

卒業、進学、就職…。
これから新しい環境を向かう人に、エールを送るような言葉が、とても響く。

中でも

裏切られても裏切るなよ

と歌う詩は、どんなに辛いことがあっても、自分と相手を信じる気持ちを忘れてはいけないということを改めて感じさせてくれる。

辛いとき、悩んだとき、新しい環境に移るとき。
そんなときに、側に寄り添ってくれるような楽曲です。

ちなみに、サンボマスターオフィシャルウェブサイトで視聴できます。


希望の道

希望の道

  • アーティスト: サンボマスター
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2011/02/23
  • メディア: CD



p.s.
東北地方太平洋沖地震があり、今日記事を書くか非常に悩みました。
でも、"いつも"を続けることで、無事であること、そして早く"いつも"が帰ってくることを願い、記事を書かせていただきました。

ここでは、できる限り"いつも"を続けたいと思います。
被災地域にまた"いつも"が帰ってくることを願いながら。
posted by micarosu at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

「福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち」 高橋優

今回は高橋優さんの「福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち」を紹介します。
高橋優さんの3rdシングル。
「福笑い」は東京メトロのCMソング、「現実という名の怪物と戦う者たち」はアニメ「バクマン。」のエンディングテーマになっています。

東京メトロ「TOKYO HEART」CMソングとして流れていた曲に、ふと耳を止めた人も多いのではないでしょうか。
その曲というのが、今回紹介する高橋優さんの「福笑い」。

きっとこの世界の共通言語は 英語じゃなくて笑顔だと思う

一人の笑顔がもう一人の笑顔を作り、その一人がまた一人の笑顔を作る。
言葉じゃなくたって、笑顔で心を繋げることができるという、壮大で真っ直ぐなメッセージ。

そのメッセージを聴いていると、自然とこっちも笑顔になってくる。
理屈ではなく心で感じることができる"何か"が、この歌にはある。

対する「現実という名の怪物と戦う者たち」は、アップテンポな応援歌。

今の辛さを感じながらも、いろんな人に出会って助け合いながら、輝く未来へ進んでいる途中なんだよという前向きなメッセージを、高橋さんならではの視点で描いたこの曲。

シンプルなメッセージながらも、歌声と引っ張ってくれるような疾走感が、聴き手に不思議と元気をくれる。

「福笑い」と「現実という名の怪物と戦う者たち」。
タイプは違えど、どちらも聴くと笑顔になれる曲。

とにかく一度聴いてみて欲しい2曲です。

ちなみに、高橋優さんのオフィシャルサイトから視聴できます。


福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち(DVD付き初回限定盤)

福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち(DVD付き初回限定盤)

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/02/23
  • メディア: CD



福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち(通常盤)

福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち(通常盤)

  • アーティスト: 高橋優
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/02/23
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする