2010年12月12日

「バタフライエフェクト」 GENERAL HEAD MOUNTAIN

今回はGENERAL HEAD MOUNTAINの「バタフライエフェクト」を紹介します。
GENERAL HEAD MOUTAINのメジャーセカンドアルバム。
名盤「深まる日々に、微笑みを。」からさらに進化を遂げた音楽が詰まったアルバムになっています。

「殺してくれないか?」

という「薊」の印象的な歌いだしで始まるこのアルバム。

前作「深まる日々に、微笑みを。」もそうだったが、彼らのアルバムは出だしからものすごい力を秘めている。
「薊」「揚羽蝶」と圧倒的な存在感を見せ、一気にアルバムの展開へ引きずり込んでいく。

時に激しく、時にしっとりと。
心揺さぶるような感情はそのままに、少しポップな装いをまとった楽曲が顔をのぞかせる。

また、今作で特徴的なのが、アルバムタイトルが日本語ではないということ。
そこには今までの彼らとまた違う、新しい一面が見れるという意味がある。

「バタフライエフェクト」。
それは、蝶の羽ばたきが、遠く離れた場所の天候に影響を及ぼすというカオス理論の一つ。

彼らが起こしたこの羽ばたきが、いつか音楽シーンに一石を投じる。
このアルバムを聴くと、そう信じてやまない。

これから彼らが大きくなっていく過程において、とても重要な一枚になりそうだ。

ちなみに、GENERAL HEAD MOUNTAIN 公式サイトで、アルバムダイジェストと「薊」「揚羽蝶」のPV視聴ができます。


バタフライエフェクト

バタフライエフェクト

  • アーティスト: GENERAL HEAD MOUNTAIN
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2010/11/17
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする