2010年09月26日

「四季彩の星」 ゆうゆ feat.初音ミク、鏡音リン・レン

今回はゆうゆfeat.初音ミク、鏡音リン・レンのアルバム「四季彩の星」(しきさいのほし)を紹介します。
ニコニコ動画で活動するVOCALOIDのプロデューサーの一人"ゆうゆ"のメジャーデビューアルバム。
代表曲「桜の季節」、「白の季節」をはじめ、本当に幅広い楽曲が収められています。

切ない気持ちでいっぱいになる名曲「桜の季節」から始まるこのアルバム。

VOCALOID楽曲の初期の名曲として名高い上記の「桜の季節」をはじめ、「白の季節」、「クローバー・クラブ」、「極楽鳥 -bird of paradise-」などおなじみの楽曲が並んでいる。

また、楽曲の幅の広さもこのアルバムの特徴。
和の雰囲気を漂わせる曲から、電子音が印象的な曲に、ロック曲まで。

さらに一曲一曲の完成度が圧倒的に高く、聴き進めるごとに新鮮さと巧みさを感じられるのも魅力だ。

「桜の季節」や「白の季節」といって四季を彩る曲。
「ビビッドカラー・ビューティフルカンバス」や「虹色の花」といった色彩を感じる曲。

「四季彩の星」と名づけられたこのアルバムには、音楽で綴られた様々な色が詰まっている。
そしてそれぞれの色に、驚きと感動が待っています。

ちなみに、ゆうゆ feat.初音ミク、鏡音リン・レン『四季彩の星』Special WEBで視聴できます。


四季彩の星

四季彩の星

  • アーティスト: ゆうゆ
  • 出版社/メーカー: 日本クラウン
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

「手」 大知正紘

今回は大知正紘(おおち まさひろ)さんの「」を紹介します。
大知正紘さん初のパッケージシングル「手」。
繋がりの大切さが伝わってくる名曲です。

「繋がり」
そんな大きなテーマを歌にしたとき、こんなにも優しく温かい楽曲になる。

僕のこの「手」は 君のその「手」は
 二人を一つに繋ぐものだから


二人を繋げる「手」。

言葉にできない想いがあれば愛しくなるし、遠く離れていれば切なくもなる。
それは「手」で繋がっているから。

だからこの「手」を離さないでいよう。
たとえ年老いても、目が見えなくなっても。

繋がりというテーマを「手」という目に言葉で表現することで、大知さんの歌声も相まって、歌詞の想いがシンプルに伝わってくる。

また、「繋がり」というテーマはCDの形態にも現れていて、このCDは繋げる(Relation)CD、「Relation Disc」と名づけられた2枚組みとなっている。
これは同じ内容のCDが2枚ついていて、

1枚はあなたの手元に、もう1枚はあの人に。

繋がっている大切な人への想いを、このCDに託して渡すこともできる。

「手」で表現された、繋がりの大切さが伝わってくる名曲「手」。
この曲を聴いて思い浮かんだ人は、きっと大切な人なんだと思う。

ちなみに、大知正紘公式サイトで視聴できます。
(すぐ音が流れますので、音量に注意してください)


手

  • アーティスト: 大知正紘,小林武史
  • 出版社/メーカー: Driftwood Record
  • 発売日: 2010/09/08
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

「BUOYANCY」 キリンジ

今回はキリンジのアルバム「BUOYANCY(ボイエンシー)」を紹介します。
前アルバム「7」から約2年半振り、8枚目のアルバム。
先行シングル「夏の光」をはじめ、キリンジの魅力が詰まった最高傑作といっていいアルバムになってます。

先行シングル「夏の光」の爽快感がたまらない。
キリンジの新しい一面が見れたなぁと思っていたその曲から始まる本アルバム。

BUOYANCY=浮力と名づけられたアルバムのタイトルどおり、新しい世界へ導いてくれるような浮力を持った曲たちが顔を見せる。

爽やかな雰囲気漂う「ホライズン!ホライズン!」「Round and Round」、台風が過ぎた場所を独特な世界観で表現した「台風一過」。
「空飛ぶ深海魚」ファンタスティックなバラードもあれば、「都市鉱山」の印象的な歌い方で始まる曲に、「小さな大人たち」のような浮遊感を感じる楽曲まで。

全体的に派手さはないものの、随所にキリンジらしい遊び心と巧みさが楽しめ、聴くほどに味が出てくる。
そんなアルバムになっています。

ちなみに、こちで視聴できます。
また、キリンジ期間限定特設サイト「ボイエンシー」でもランダムですが視聴できます。


BUOYANCY

BUOYANCY

  • アーティスト: キリンジ
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

「32:43」 Lyu:Lyu

今回はLyu:Lyu(リュリュ)のミニアルバム「32:43(サンジュウニフン ヨンジュウサンビョウ)」を紹介します。
Lyu:Lyuのファーストミニアルバム。
美しい歌声と旋律、叙情的な世界が表現されたアルバムになっています。

1曲目の「空-カラ-」を聴いた瞬間から、もう彼らの世界観に魅了されてしまった。

全体を通して、孤独や絶望を歌いながらも、必死に自分の存在を証明しようともがいて生きている姿が印象的な詩。
ただ希望を歌うような歌ではなく、絶望があるからこその希望を歌うことで、よりこの世界観を身近に感じることができる。

これは演奏やサウンドからも言えることで、どこか陰のあるようなサウンドでありながら、今を生きていこうというよう力強さも持っていて、歌詞と同じ世界観がサウンドからも伝わってくる。

ただ絶望を嘆く歌ではない。
でも、ただ希望を歌うわけでもない。

絶望があるからこその希望。
それがこんなにも近く感じられる一枚になっています。

ちなみに、Lyu:Lyuオフィシャルウェブサイトで視聴できます。
(すぐ音が流れるので、音量に注意してください)


32:43

32:43

  • アーティスト: Lyu:Lyu
  • 出版社/メーカー: coolism records
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: CD
posted by micarosu at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする