2009年12月31日

2009年お気に入りの曲たち2

昨日に引き続きまして、2009年お気に入りの曲たちを紹介します。
今日はお待ちかね(?)のTOP10!
(30位〜11位はこちらへ)

それではどうぞ!続きを読む
posted by micarosu at 19:09| Comment(6) | TrackBack(2) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

2009年お気に入りの曲たち1

今日は、2009年お気に入りの曲たち30位〜11位の発表をしたいと思います。

さて、ここでランキング対象曲について説明しておきましょう。

基本的には今年初めてCD化された楽曲が対象です。
(つまり、配信限定でCD化されていない楽曲は対象外)

またVOCALOIDを使用した楽曲は、単独名義でCDリリースがあった曲のみ対象。
(コンピレーションにしか入っていない楽曲は対象外)

というわけで、早速ランキングをどうぞ!続きを読む
posted by micarosu at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

2009年お気に入りのアルバムたち

今年ももう少しで終わりです。

今年はどんな一年でしたか?
そして、どんな音楽に出会えましたか?
そのときそのときを彩った曲があると思います。

というわけで、今年も恒例のアレをやりたいと思います。

個人的に選ぶ2009年のお気に入りの曲&アルバムランキング!

毎年恒例でやってますが、本当にみんな楽しみにしてるのかなぁ??
…というのは置いといて、今年の音楽を改めて振り返ってみるこのコーナー。

ちょっとお茶でもする感じに、そういえばこんな曲やアルバムあったなぁ程度に見て行ってもらえるとうれしいです(笑)

今日はアルバムのTOP10、明日・明後日でお気に入り曲のTOP30を二日にわけてお送りします。
では、2009年お気に入りのアルバムたちをどうぞ。続きを読む
posted by micarosu at 22:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

「filmstock」 baker

今回はbakerさんのアルバム「filmstock」を紹介します。
VOCALOIDシーン最重要人物の中でメジャーデビューしていなかった最後の巨匠がついにメジャーデビュー。
代表曲「celluloid」を初め、数々の名曲が収められています。

昨今のVOCALOIDシーンの礎を作ったとも言えるbakerさんがついにメジャーデビュー。
おなじみのナンバーはもちろん、待望の新曲も収録されている。

そんな収録曲の中でも、bakerさんを語る上ではずことが出来ない曲といえば「celluloid」。
自分としてもVOCALOID楽曲にはまるきっかけともなった曲で、悲しい世界観が詩と曲で見事に表現された名バラード。
本当に何度聴いても涙が出そうになる。

同じく今回再アレンジされて収録されている「カナリア」「サウンド」も、原曲の雰囲気そのままにさらに完成度を高めている。
特に「カナリア」の世界観は、特典のDVDに収録されているPVも見てもらえると、よりその良さがわかると思う。

そんなこのアルバムですが、一つ特徴的なところがあって、初音ミクを初めとするVOCALOIDという言葉がどこにも出てこない。
初音ミクのファンからすると、少し隠れた存在になりそうなアルバムだが、それだけ一つの音楽としての位置づけが高いアルバムと言え、逆にファンでなくても手に取りやすい一枚となっている。

卓越された技術とセンスが交差するbakerさん渾身のアルバム「filmstock」。
これからの活躍が楽しみになる一枚です。

ちなみにこちらで視聴できます。


filmstock

filmstock

  • アーティスト: baker
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

「G.D.アトラクション」 大石昌良

今回は大石昌良さんのアルバム「G.D.アトラクション」を紹介します。
大石昌良さんのセカンドアルバム。
シングルでリリースした「ラブ」「幻想アンダーグラウンド」が収録されています。

こんなに楽しいアルバム聴いたことがない。
このアルバムを聴くと、自然とこんな言葉が出てくる。

ポップな彩りで描かれる、愛に関する11のアトラクション。
キラキラのポップチューン「ラブ」に始まり、「イリュージョン」「カブライダー」と軽快なナンバーがお出迎え。

「赤いレンガの相合傘」でちょっと切ない気持になって、「ユートピア」「スコットランドヤード」で色んな愛の形を知り、「幻想アンダーグラウンド」で見せるダークな一面や「25万マイル」の英語詩に驚き、「蜃気楼ラプソディ」「スナフキンの回転木馬」で温かい気持に。

笑いあり涙ありのこのアトラクションも、「さよならパレード」で最後。
これだけ楽しませてくれた後のパレードは、すごく寂しさを感じる。
まだこのアトラクションを楽しみたい!
そんな気持が出てきたら、また一曲目から楽しんでもらえたらいいと思う。

支配人・大石昌良さんがお届ける魅惑の遊園地。
ようこそ、G.D.アトラクションへ。

ちなみにCLIMB MUSIC ENTERTANMENTの大石昌良さんのページで視聴できます。


G.D.アトラクション(初回限定盤)(DVD付)

G.D.アトラクション(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 大石昌良
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD



G.D.アトラクション

G.D.アトラクション

  • アーティスト: 大石昌良
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD
posted by micarosu at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする