2009年07月26日

「ラブ」 大石昌良

今回は大石昌良さんの「ラブ」を紹介します。
発売前に「婚活(結婚活動)中に聞きたい応援ソング」6位に入ったという話題の楽曲。
聴いてるだけで元気になれるポップナンバーです。

誰しもが心の奥に秘めている想い。
大石さんの詩を聴くと、そういう想いが伝わってくる。

この「ラブ」もそう。

それは ラブ
 エブリシング・イズ・ラブ


内には秘めててもなかなか声に出しては言えない。
でも言ってもらうと、なんだか心強い言葉。

そんな言葉を軽快なポップチューンに乗せて聴かせてくれる。
聴いてるだけでなんだか元気なれる、そんな曲。

今までの大石さんとは一線を画すキラキラのポップナンバー「ラブ」。
こんな時代にこそ、聞いてもらいたい一曲です。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

「アイノウタ」 千綿偉功

今回は千綿偉功(ちわた ひでのり)さんの「アイノウタ」を紹介します。
前作「beginning/道化師のソネット」から約1年4ヶ月ぶりの新曲。
長い間ライブで温めていた楽曲がついにリリースです。

それでも僕らは…生きる

曲の最後はこの印象的なフレーズで終わる。

悲しみや苦しみ。
生きていくことは決して楽ではない。

それでも今と戦い、明日へと向かって行かなければならない。
どんなに辛くても生き続けなければならない。
そんな今を生きる人たちへ贈る“アイノウタ”であるこの曲を聴けば、心に響くものがあるだろう。

カップリングには、知覧の「特攻平和会館」で感じたことが元となった「ありがとう〜知覧よりの手紙〜」と今までの全てを受け入れて明日踏み出そうという「Door」を収録。
この2曲も「アイノウタ」に匹敵する名曲で、一枚を通して強いメッセージと想いが感じられる。
この一枚は千綿さんの今までのどのシングルよりも重要な一枚だろう。

このCDは本当に一度通して聴いてもらいたい。
聴けば良さがわかると思います。

ちなみに千綿偉功的日々(公式サイト)で視聴できます。
posted by micarosu at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

「ノウニウノウン」 たむらぱん

今回はたむらぱんの「ノウニウノウン」を紹介します。
たむらぱん待望のセカンドアルバムが完成。
彼女らしいポップで楽しく、耳に馴染みやすい曲たちが並んでいます。

彼女の曲を聴くと、「あ、いいな」って思う。
何を言ってるんだと言われそうだけど、本当純粋に耳になじむというか、何度でも聴きたくなるポップさ。
そんな曲たちが並んでいる。

一曲目の昇り調子な疾走感溢れる「ジェットコースター」に始まり、「ハレーション」「ゼロ」「ちゃりんこ」「ちょうどいいところにいたい」といったシングル曲にタイアップ曲。
どこを切り取っても明るく楽しく、時には切なく、どこまでもポップなたむらぱんワールドが広がっている。

たむらぱんワールドと言えば、この不思議なアルバムタイトル「ノウニウノウン」。
これは英語で「知る」という意味の"know"の現在・過去・過去分詞形"know-knew-known"のことらしい。

今までの自分の知らなかったことを知る、聴けば聴くほど新たなたむらぱんの魅力に気づく…。
このアルバムは、そんな何かを“知る”きっかけとなるアルバムなのかもしれない。

今のたむらぱんのベストともいえる内容のこのアルバム。
このどこまでもポップなたむらぱんワールドへ浸ってみては?

ちなみにたむらぱん「ノウニウノウン」特設サイトで視聴できます。
posted by micarosu at 23:09| Comment(9) | TrackBack(3) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

「笑って笑って」 奥華子

今回は奥華子さんの「笑って笑って」を紹介します。
大分の小学校の閉校式で生徒全員が歌ったこの曲。
『誰も知らない泣ける歌』で紹介されたことで話題になり、ついにシングルとしてリリースです。

『誰も知らない泣ける歌』で紹介され初めて聴いたとき、その温かく優しい歌にいつの間にか惹きこまれていたことを今でも覚えている。

笑って笑って 歩いていれば
 何処かであなたが待っている
 笑って笑って 愛を探して
 あなたのもとへ行こう


泣けないほど辛いときもあるけど、笑って歩いていこう。
そうすれば、きっと素敵な明日が待っているから。

確かに別れのときや辛いとき、本当に笑うことって難しいと思う。
でも笑うことができれば、その笑顔がまた笑顔を作っていき、未来も決して暗いものではななくなくなるかもしれない。
奥さんの繊細で優しい声で歌われる「笑って笑って」というフレーズを聴くと、そんな気持ちにさせてくれる。

この曲を聴いて、笑ってくれる人が増えればいいな。

ちなみに奥華子 OFFICIAL WEB SITEで視聴できます。
posted by micarosu at 23:18| Comment(2) | TrackBack(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする