2009年06月21日

「Watercolor」 オトナモード

今回はオトナモードのアルバム「Watercolor」を紹介します。
オトナモード待望のメジャーファーストアルバム。
シングル「風になって」「グライダー」「グリーン」をはじめ、様々な音風景を聴かせてくれます。

聴いていると、自然と目に浮かぶ風景。
空や海といった景色から、普段の生活、列車の窓からの眺め…。

ここには音楽という12色の絵の具で描かれた、水彩画が広がっている。

基本的にはアコギ主体の流れるようなメロディが特徴だが、「さよならはさよなら」のように印象的な哀愁漂うピアノの音色から始める楽曲や、ストリングスを取り込んだ曲もある。

時には流れるように、
時にはコマ送りのように、
時には静止画のように、

絵の具によってタッチを変えることにより、一枚の水彩画が単調なものではなく、より奥深いものになっている。

一曲一曲ももちろんいい。
だけど、アルバムを通して、彼らが描く一枚の水彩画としても聴いてみてほしい。

ちなみにYou Tube公式チャンネル「オトナモードch」で「風になって」「グライダー」「グリーン」「さよならはさよなら」が視聴できます。
posted by micarosu at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする