2009年06月28日

「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」 アンダーグラフ

今回はアンダーグラフのアルバム「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」を紹介します。
アンダーグラフ通産4枚目のアルバムは、「命」と「生きる歓び」をテーマにしたコンセプトアルバム。
アンダーグラフ史上最高傑作の誕生です。

今年のアンダーグラフはすごい。
結成10周年という節目ということもあるかもしれないが、今まで以上に魅力的な楽曲を連発している。
配信限定の「遥かなる道」に始まり、シングル「心の瞳」、そして今アルバム。

「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」と名づけられたこのアルバムは、「命」と「生きる歓び」をテーマにしたコンセプトアルバムになっている。
一曲目の「Birth」で始まり、14曲目の「流転」で終わる。
つまり、アルバム全体で人の一生を表現している。

前に向かおうとしたり、悩んで立ち止まったり、時にハメをはずしたり、自分を反省してまた立ち止まったり…。
喜び怒り哀しみ楽しみ。
生まれてから死ぬまで生きていく上での様々な感情が伝わってくる。

どの曲も素晴らしい仕上がりなんだけど、このアルバムは一曲一曲でなく、ぜひ通して聴いてもらいたい。
このアルバムで彼らが表現したかったこと。
通して聴けば、それがわかるかなと思います。

「この場所に生まれた僕達は いつも何が出来るかを考えている」。
収録曲の「心の瞳」を使わせてもらえば、“誰しもが存在を表したくて仕方ない”から何が出来るかを考えているのかもしれない。
あなたはこのアルバムを聴いて、何を考えますか?

ちなみにアンダーグラフ Websiteで視聴できます。
posted by micarosu at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

「Watercolor」 オトナモード

今回はオトナモードのアルバム「Watercolor」を紹介します。
オトナモード待望のメジャーファーストアルバム。
シングル「風になって」「グライダー」「グリーン」をはじめ、様々な音風景を聴かせてくれます。

聴いていると、自然と目に浮かぶ風景。
空や海といった景色から、普段の生活、列車の窓からの眺め…。

ここには音楽という12色の絵の具で描かれた、水彩画が広がっている。

基本的にはアコギ主体の流れるようなメロディが特徴だが、「さよならはさよなら」のように印象的な哀愁漂うピアノの音色から始める楽曲や、ストリングスを取り込んだ曲もある。

時には流れるように、
時にはコマ送りのように、
時には静止画のように、

絵の具によってタッチを変えることにより、一枚の水彩画が単調なものではなく、より奥深いものになっている。

一曲一曲ももちろんいい。
だけど、アルバムを通して、彼らが描く一枚の水彩画としても聴いてみてほしい。

ちなみにYou Tube公式チャンネル「オトナモードch」で「風になって」「グライダー」「グリーン」「さよならはさよなら」が視聴できます。
posted by micarosu at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

「we walk abreast」 absorb

今回はabsorbのアルバム「we walk abreast」を紹介します。
absorb待望のファーストアルバム。
シングル「桜ノ雨」、「愛ノ詩」はもちろん、インディーズの頃の楽曲から、ウェブ上でお馴染みの楽曲も収録されています。

初音ミクをフィーチャーして話題となり、多くの学校の卒業式で歌われた「桜ノ雨」。
長門裕之夫妻へ捧ぐ、永遠の愛を歌った「愛ノ詩」。
ニコニコ動画でも話題の「Fire◎Flower」や「Window」。

なにかと話題になる彼らの楽曲だが、単なる話題で終わってほしくない名曲ばかりだ。

ツインボーカルから放たれる絶妙なハーモニー。
アコギ主体の軽快なポップ。
そして、一曲一曲違う世界観を見せてくれる楽曲達。

全員が作詞作曲編曲まで手がけているため、どの曲も彼ららしさと、何を伝えようとしているのかが、詩や歌声はもちろん、曲全体からも伝わってくる。
このアルバムには、そんな彼らの魅力が詰まっています。

「we walk abreast」
彼らの音楽が、いつも隣で歩いてくれるような存在になってほしいですね。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

「PRESENT」 Dew

今回はDewのアルバム「PRESENT」を紹介します。
Dewのファーストフルアルバムがついに完成。
「プレゼント」や「Thank you」といったシングルでリリースした曲をはじめ、彼女達の魅力がつまった一枚です。

NTT東日本「DENPO」CMソングとして話題の「Thank you」のリリースも記憶に新しい彼女達の初めてのフルアルバム。
「プレゼント」や「My Special Day」など、CMソングとして使われている曲も多く収録されていて、どこかで耳にしたことがあるという人も多いと思う。

心地がいいピアノの繊細な旋律に透き通った歌声。
全体的にしっとりとしたバラードが多いが、どれも丁寧に作られていて、一曲一曲大切にしているのが伝わってくる。

「PRESENT」と名づけられたこのアルバム。
リード曲「プレゼント」の歌詞のように、ここには大切な人へ伝えたい想いがたくさん詰まっている。
Dewの2人から届いた素敵なPRESENTですね。

ちなみにDew Official Websiteで視聴できます。
posted by micarosu at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする