2009年04月05日

「レミオベスト」 レミオロメン

今回はレミオロメンの「レミオベスト」を紹介します。
待ちに待ったレミオロメンのベストアルバム。
その時その時を彩った数々の名曲が収録されています。

「レミオベスト」
このアルバムはまさに“ベスト”というのにふさわしい。

「3月9日」や「粉雪」などおなじみのナンバーをしっかり収録しながらも、決してシングル中心にならず、彼らにとって本当に“ベスト”と言えるような選曲になっているのが伺える。

そんなベストアルバムのスタートを飾るのは、なんと新曲の「Sakura」。
彼ららしいポップなナンバーで、すごく温かい。
どこか迷いがふっきれたようで、それが自信につながっているのがわかる一曲。
このアルバムの一曲目に持ってきたのも納得です。

そして、1stシングル「雨上がり」、メジャーデビューシングル「電話」、アルバム「HORIZON」のスタートを飾る疾走感溢れるナンバー「スタンドバイミー」、彼らの不安と葛藤が見える「Wonderful & Beautiful」、名曲と名高い「ビールとプリン」や「紙ふぶき」なども収録されている。
そしてこれらの楽曲を新たに並べ、ベストアルバムという名の1枚のアルバムとなっているのもうれしい。

今まで走り続けてきた彼ら。
このベストアルバムは、いい意味で振り返るきっかけとなるのではないかなと思う。

ここからまた新たなスタートを切って、いい曲を届けて欲しいな。
posted by micarosu at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする