2009年02月08日

「いっしょに帰ろう」 GOING UNDER GROUND

今回はGOING UNDER GROUNDの「いっしょに帰ろう」を紹介します。
GOING UNDER GROUNDから10ヶ月ぶりのシングルが到着。
哀愁溢れるメロディと疾走感がたまらない名曲です。

なんて切ないんだろう。
この一言で片付けてしまうのはもったいないけど、この曲にはこの言葉が一番あっている。

忙しさからいつしか離れてしまった二人の距離。
“帰りたい”
この短いフレーズが、二人の切ない距離感を表している。

この歌詞を、彼ららしいどこか切ないメロディと、松本さんの哀愁溢れる歌声で響かせる。
それだけでも十分に切なさが伝わってくるのだが、ここにさらにサックスの音色が加わり、哀愁感に深みを与えている。
このアレンジがすごく大人びていて、いつもの彼らの曲とはまた違った印象を与えてくれる。

本当に彼らはいい曲を届けてくれますね。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする