2008年10月26日

「ポラリスの涙」 音速ライン

今回は音速ラインの「ポラリスの涙」を紹介します。
アニメ「テレパシー少女 蘭」のエンディングテーマにもなっているこの曲。
音速ラインらしいどこか懐かしく叙情的な名曲です。

音符今すぐ逢いに行けたら
 心のままに君を抱きしめたいよ
 あの日の二人のままの
 誓った言葉で未来を照らそう


もう、やられました。

イントロのアコギの音色から始まり、少しずつ畳み掛けてくるメロティ。
曲の最後に近づくほどにその力は増し、最後のサビの盛り上がりは半端じゃない。

そこに加わる、伝えられなかった君への想いと、想いの限りをぶつけようとする藤井さんのボーカル。
そのときの迫力、想いの強さには胸が震えそうになる。
こんなに迫力のあるサビを聞いたのは始めたかもしれない。

どこか懐かしく叙情的でありながら、どこまでも熱い想いのこもった曲。
また新たな音速ラインの一面を見れた名曲です。

ちなみに音速ライン 公式サイトで視聴できます。
(全部で10タイプあるPVのショートバージョンの視聴もできます)
posted by micarosu at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

「たった一人のエール」 thirstyroad

今回はthirstyroad(サースティロード)のミニアルバム「たった一人のエール」を紹介します。
インディーズで発売したミニアルバムの表題曲「たった一人のエール」が各方面で話題となった彼ら。
今作でついにメジャーデビューです。

不器用ながらも夢に向かって進んでいこうという力強いメッセージのこめられた歌詞。
これを包み込む岩田さんの歌声を聴いていると、この想いが自然と心に響いてくる。

夢に向かって進んでいっても、時にはつまずくようなときもある。
そんなとき、周りの支えが力になることを知る。
一人じゃない。
そう感じられたなら、また前に進んでいける。
そのことに改めて気づかせてくれる名曲です。

みんなが周りにいるよ、一人じゃないよと優しい気持ちにさせてくれる応援歌「たった一人のエール」。
この歌詞の想いが、いろんな人に伝わって欲しいと思う。

ちなみにthirstyroad offcial websiteで視聴できます。
posted by micarosu at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

「みちしるべ」 PhilHarmoUniQue

今回はPhilHarmoUniQue(フィルハーモユニーク)の「みちしるべ」を紹介します。
デビュー前から温めていたという、PhilHarmoUniQueのセカンドシングル。
国東宝系 映画「イキガミ」主題歌になっています。

音符生きるとはなんだろうか? 戦う事か 戦いを避ける事か
 正しさとはなんだろうか? 間違わぬ事か 見失わぬ事でしょうか


「生きるとはなんだろうか?」
この曲を聴くと、とにかくこの歌詞が耳に残る。

誰もが一度は考えたことがあるであろう難題。
こうなりたい、こうありたいと思いながらも、うまくいかない現実。
どうしたい?どうしたらいい?ともがきながら、人はみちしるべを探している。
いつか自分なりのみちしるべを見つけるために。

この歌詞が声に乗ると、想いがさらに力強さを増す。
生きる意味とは何なのか?
その想いを届けたいという気持ちが伝わってくる。

人は何のために生きていくのか。
そして、人は何をみちしるべに生きていくのか。
それを考えさせられる一曲です。

ちなみにPhilHarmoUniQue公式サイトで視聴できます。
posted by micarosu at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

「ノスタルジック」 ほたる日和

今回はほたる日和のミニアルバム「ノスタルジック」を紹介します。
ほたる日和のセカンドミニアルバム。
タイトルの通り哀愁漂う楽曲が詰まっています。

いつのまにか引き込まれてしまう彼らの世界。

情景が浮かぶような歌詞と丁寧な音作り。
そしてスピッツの草野さんにも似た繊細な歌声が、聴き手を曲の世界に招いてくれているよう。

「リンゴアメ」ような切なさから、「天の川」のような一途な気持ちまで。
夏の1ページを切り取ったような物語たちが迎えてくれる。

どこか懐かしく、どこか優しく、どこか哀しく、どこかほっとする。
そんな曲が聴きたくなったらぜひ手にとって欲しい一枚です。

ちなみにほたる日和のサイトで視聴できます。
posted by micarosu at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする