2008年09月28日

「王様のミサイル」 カミナリグモ

今回はカミナリグモの「王様のミサイル」を紹介します。
カミナリグモのセカンドシングル。
独特のメロディと人々に訴えかける歌詞が印象的な名曲です。

音符たとえ1秒で 数億人を殺すミサイルでさえ
 奪えないものがきっとあるんだよ
 たとえ憎しみは繰り返し この世からうたが消えても
 それはやがて 花を咲かし 思い知る日が来るんだろう


どうしたらこんな歌詞が書けるんだろう?
あまりにも強いメッセージのこもったこの歌詞を聴いて、心が揺さぶれない人はいないんじゃないかと思う。

今この時でも、世界のどこかでは悲鳴が上がっている。
たとえば一つのミサイルから始まったその悲しみが、また新たな悲しみを作っている。
いつこの悲しみが消えるかはわからないけど、そのとき自分達が何をしたのか気づいて欲しい。
そんな願いが込められている。

と、自分なりに書いてみましたが、この歌詞のメッセージは聴く人によって感じ方が本当に分かれる思う。
あなたはどう感じるか、実際に聴いて感じて欲しい。

ちなみにカミナリグモ official websiteで視聴できます。
posted by micarosu at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

「花図鑑」 Dew

今回はDewのアルバム「花図鑑」を紹介します。
シングル「プレゼント」がMAXFACTOR デュアル エフェクト ファンデーション CMソングに起用されたのが記憶に新しいDew。
今作「花図鑑」でついにメジャーデビューです。

どこまでも透き通った歌声と、ピアノで奏でられる繊細な旋律。
そして、ページをめくるごとに様々な花を咲かせてくれる曲たち。
その優しく自然なメロディと歌詞に魅了される人も多いと思う。

全体的にはゆったりとした曲が多く、しっとりと聞かせてくれる。
もちろんそれもいいけど、中には「ダンデライオン」の流れるような爽やかなメロディも清々しくて気持ちがいい。

花をテーマにしたアルバムだけあって、1曲ごとにそれぞれ想いの込められた様々な花が顔を覗かせる。
その中から自分の気持ちと重なる花を見つけるのも楽しい。

「花図鑑」。
想いを咲かせてくれる花がここにはあります。

ちなみにDew special websiteで視聴できます。
posted by micarosu at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

「ひかり」 星村麻衣

今回は星村麻衣さんの「ひかり」を紹介します。
TBSドラマ「Tomorrow -陽はまたのぼる-」の主題歌にもなっているこの曲。
サウンドプロデューサーにシライシ紗トリと千住明を迎え、壮大な曲に仕上がっています。

サビを聴いたとき、一瞬で耳を奪われました。
それまでの静かな印象から一気に盛り上げられるサビへの展開。
星村さんの曲の中でも特に力強い。

Aメロ、Bメロの部分はいわば“影”。
不安や迷いを抱え佇み、サビに向かいながら徐々に“光”を求めていく。

音符明日になれば陽はまたのぼる 誰もが未来への夢を見る
 果てなく続く無辺の空に 僕らは生きていく意味を知る
 全てを包み込む愛に 育まれ気づいたものは 心の奥にある
 優しく寄り添うひかり 私を導くひかり


でも、この“光”は与えられるものではない。
誰しもが心の中に持っている“光”を、求め続けていく。
そんな、強く生きていこうというメッセージが込められている気がします。

ちなみに星村麻衣OFFICIAL WEBSITEで視聴できます。
posted by micarosu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

「平川地一丁目」 平川地一丁目

今回は平川地一丁目のベストアルバム「平川地一丁目」を紹介します。
5年間の集大成。
走り続けてきた平川地一丁目の5年間がここには詰まっています。

平川地一丁目って本当にいい曲ばかりだったなぁとつくづく感じる。

衝撃的なデビュー曲「とうきょう」。
懐かしいギターの音色と、何も持たずに東京に来たことに対する不安や葛藤が歌詞と歌声から感じられる名曲。
今聴いてもこの曲の良さは色あせない。

もちろんそれは「とうきょう」に限ったことではない。
「桜の隠す別れ道」
「君の分まで」
「はがれた夜」
「十六度目の夏」
「夢見るジャンプ」
「夢の途中」
「校庭に見つけた春」
「運命の向こう」
「永遠の約束」
「闇夜に生まれて」
「うたかた」
「Tokyo」
そして、インディーズ時代の作品「七つのひらがな」に収録されていた
「青い花」
「時計の独り言」
「しおりのページ〜」
「まさ夢」
「かわれないので」
これらどの曲も、いつまでも残していきたい名曲ばかりだと思う。

アルバムにはさらに「七つのひらがな」収録曲のセルフカバーと新曲「君と会う向日葵の丘」、ファン投票で選ばれた「桜の隠す別れ道」のセルフカバーも収録されています。
特にDISC2の最後に収録されている「桜の隠す別れ道」は本当に哀しい。
元々の歌詞も十分に哀しいけど、これが最後なんだという気持ちが伝わってきて歌詞以上に哀しくなってしまう。

平川地一丁目は解散ですが、彼らが残した楽曲は素晴らしいものばかり。
今一度、平川地一丁目の良さを聴いてみて下さい。

ちなみに平川地一丁目公式サイトで視聴できます。
posted by micarosu at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする