2008年03月30日

「ONE DAY」 ザ・ルーズドッグス

今回はザ・ルーズドッグスの「ONE DAY」を紹介します。

イントロを聴くと、なんとなく夕焼けが目に浮かぶ。
「さよなら」と別れてしまうような…

音符今ならきっと 迷わずきっと 君に伝えられるだろう
 胸にしまって言えなかった I love you それなのに…
 その日からずっと 隣にずっと 君の姿は見当たらない
 さよなら 今でも愛してる


今なら言えるけど…、もう君の姿はない。
そんな“あの日の君への想い”が詰まった愛の唄。
届かないこの想いが、聴くほどに染みてきます。

リリースを重ねるごとに成長が見られる彼ら。
またまたいい曲を届けてもらいましたね。

ちなみにザ・ルーズドッグスOfficial Web Siteで視聴できます。
posted by micarosu at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

「Blooming e.p.」 Sotte Bosse

今回はSotte Bosseのコンセプトアルバム「Blooming e.p.」を紹介します。
様々な名曲をカヴァーしていることでも有名な彼ら。
今回のアルバムは、「SAKURAドロップス」以外はすべてオリジナル曲という意欲作になっています。

そのオリジナル曲の中でも「ひらり」はすごく耳に残る。
先日ミュージックステーションに出演したときに披露した曲なのですが、つい聴き入ってしまったくらいです。

優しいメロディに歌声。
聴いているだけで春の雰囲気にさせてくれるような感じ。

音符ひらり
 今 風に舞うように
 夢の花を胸に抱いて
 I say good bye
 もう歩き出した
 桜舞う春に・・・「バイバイ」


“ひらり”のフレーズを聴くと、一瞬風が通り抜けるような感じがする。
別れを告げる風、そして自分たちの新しい未来を告げる風。
春の風は暖かさの中に、まだ寒さも残している…。
このサビを聴くとそんな印象を受ける。
聴くたびに本当に切なくなってきます。

カヴァー曲にはもちろん定評はありますが、オリジナル曲も非常に魅力的。
聴かないのは損だと思いますよ。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 23:53| Comment(4) | TrackBack(2) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

「PASSION」 SunSet Swish

今回はSunSet Swishの「PASSION」を紹介します。
PASSIONとは情熱のこと。
その名の通り、熱いメッセージが込められた応援歌になっています。

“熱い!”
聴いた瞬間にそう思わずにはいられない。

イントロからサビに行くまでは、どこか哀愁漂う雰囲気。
思い出を振り返りながら、あの頃の情熱を再確認していく。

音符最後の一秒まで続く熱い想いを奏でていよう
 悲しみを知る強き君にもらった情熱を燈しながら
 さあ向かおうか明日へ


理想と現実が必ずしも重なるわけではない。
いつかの情熱が消えてしまうこともあるかもしれない。

そんなとき、友からもらった情熱をまた燈しながら明日へと向かおう。
そんな強く熱い想いの込められた歌詞。

それを佐伯さんの透き通った声で、感情たっぷりに歌い上げる。
一度聞けばその熱さに心が震えます。

新たなメッセージソングの誕生ですね。

ちなみにSunSet Swish Official Websiteで視聴できます。
posted by micarosu at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

「青い森」 サガユウキ

今回はサガユウキさんのアルバム「青い森」を紹介します。
冬男代表サガユウキさん待望のファーストアルバム。
名曲「霙 -mizore-」「初雪」だけでなく、様々な曲を聴かせてくれます。

アルバムは「初雪」のカップリングだった「飛ばない鳥」のヴァージョン違いから始まる。
これが非常に壮大なアレンジなっていて、一曲目からこの先の展開を期待させてくれる。

ここから「霙 -mizore-」「桜咲く頃には」「アマオト」「水色の風」と、冬から夏に少しずつ季節が流れていく。
この流れが非常に自然で、季節感溢れる物語を見ているような気になりました。

全体的に心に染みるバラードが多いのですが、その中に唯一アップテンポでかっこいい曲があります。
それが「へばな」。
「へばな」の意味がわからなかったので調べてみると、青森弁で「またね」という意味らしい。
このアルバムにこういう応援歌が入ることによって、いいアクセントになっている。

そしてアルバムの最後を飾る「小さな恋の物語」。

離れ離れになってしまうことになった二人。
その心情が描かれた悲しく切ない歌詞を、アコギ一本の弾き語りで届けてくれる。
ただでさえ切ない歌詞が、より一層深みを増して聴こえてくる。
これもまた名曲ですね。

彼の歌声はどこまでも哀愁を漂わせてくれる。
だからこそ切ないバラードを唄ってくれると、すーっと耳に入ってくる。
このアルバムはそんな曲たちが詰まっています。

一度聴けばその歌声に魅了されると思います。

ちなみにサガユウキ公式ページで視聴できます。
posted by micarosu at 21:01| Comment(0) | TrackBack(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

「ココロの跡」 小坂りゆ

今回は小坂りゆさんの「ココロの跡」を紹介します。
アニメ「もっけ」のオープニングテーマ曲。
世界観のあった、怪しさと優しさが表現された作品になっています。

初めて聴いたとき、その和の雰囲気がとにかく印象的だったこの曲。
和の雰囲気の中に、なにか謎めいた怪しさと、哀愁を漂わせ、曲にさらに深みが加わっている。

音符今宵も願うの
 強くなれココロ
 いつかはふたりで歩けますように…
 寄せては返した気まぐれな未来…
 この時この場所
 そして私はここにいるよ
 足跡残して…
 「また逢いにくるよ、その時まで」

歌詞の世界観が本当にうまく曲に表現されているからこそ、聴き手はよりこの世界に惹きこまれてしまう。
一度聴いただけでここまで印象に残るような曲ってなかなかないと思います。

この世界観に浸ってみませんか?

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする