2007年12月31日

2007年総決算〜アルバム篇〜

昨日に引き続き、2007年総決算をお送りします。
今日はアルバム篇。

個人的に選ぶアルバムBEST10をカウントダウン形式で紹介しますびっくり

注:あくまで個人的なランキングです。続きを読む
posted by micarosu at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

2007年総決算〜シングル篇〜

2007年もうすぐ終わりです。
というわけで去年に引き続き2007年の総決算として、シングルBEST30アルバムBEST10を紹介しますびっくり

今日はシングル篇。
30位からカウントダウン形式で紹介します。

注:あくまで個人的なランキングです続きを読む
posted by micarosu at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

「初雪」 サガユウキ

今回はサガユウキさんの「初雪」を紹介します。
デビューシングル「霙-mizore-」に対するアンサーソング。
また名曲の誕生です。

やはりサガさんはこういう冬のバラードがしっくりきます。
前作「水色の風」のような爽やかさもいいんだけど、彼の切ない歌声はバラードにはまります。

もちろん切ないのは歌声だけではありません。
歌詞も本当に切ない。

「霙-mizore-」では

音符霙、舞い落ちる季節に
 君の痛みを溶かして
 雪になれない泪粒
 僕が手にしよう
 霙、降る空に


と歌っていましたが、今作「初雪」では

音符初雪が降る 僕と君の街に
 冬を告げる雪のように 悲しみ積もるよ
 初雪が降る 待ち続けた夜に
 愛がひとつ消えてゆく さよなら 君にさよなら


痛みを溶かした泪粒=霙を手にしてきたが、痛みを溶かしきれずについには雪になってしまった。
そのとき、隣に君の姿はもうない。

聞けば聞くほど切なくなってきます。
「霙-mizore-」も相当な名曲でしたが、「初雪」も負けないくらいの名曲です。

この冬一番の名曲「初雪」。
一度聞いてみてはいかがでしょうかはてな

ちなみにサガユウキ公式ページで視聴できます。


<お知らせ>
今年のCDレビューはこれが最後です。
これから年末にかけては一年の総決算をしていくので、よかったらご覧ください。
また、CDレビューは新年になったらすぐ再開します。
posted by micarosu at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

「LIFE」 ザ・ベイビースターズ

今回はザ・ベイビースターズのアルバム「LIFE」を紹介します。

もともと優れたメロディセンスを持っていた彼らですが、今回は歌詞にすごくこだわっているのがわかる。
メンバーの脱退などもあり、前作からリリース間隔が開いてしまっていたが、そんな今だからこそ伝えたい裸の言葉たち。
そんな想いが詰まっているように思える。

そんな中でもベビスタらしい一曲なのが「うつ病なんです」。
タイトルだけ見ればどれだけ暗い曲なのかと思いますが、逆にものすごく明るい曲。

音符頑張らなくていいですか?
 僕が僕であるために
 一生懸命やるからさ 僕のペースで


世の中つらいことばかりあるけど、頑張らなくてもいいですか?
一生懸命はやるけど、無理はしない。
あくまで自分なりのペースでやっていきたい。
そんな歌詞。

「頑張ろう」ではなく「頑張らなくていいですか?」と歌う歌詞にはなぜか元気付けられる。
頑張ることは悪いことではないけど、無理はしたくない。
現代人に送る応援歌ですね。

曲だけでなく歌詞にも特にこだわった今作。
ベビスタらしくもあり、さらに進化した一面も感じられます。
一度聴いただけで耳に残る曲と歌詞は必聴です。

ちなみにこちらで視聴できます…と言いたいとことですが、視聴できるところが見つけられませんでした。
どこかにあれば教えてください。すいません

ザ・ベイビースターズOFFICIAL WEBSITE
posted by micarosu at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

キセキ その5 〜neighbour youth〜

毎月第1木曜に更新していますアーティスト特集企画「キセキ 〜僕を作った音楽達〜」第5弾。(企画の詳細はこちら(更新が遅くなり申し訳ない…すいません
今回は“neighbour youth”を紹介します。続きを読む