2007年04月28日

「春風」 ゆず

今日からGWですね。
自分も連休なので、このGWには4回更新したいと思います。
今回はGW第1弾。
ゆずの「春風」を紹介します。

「春風」はインディーズの頃から人気のあった曲で、今回初めてCD化された曲です。
なので曲の印象としては昔(デビューの頃)の感じがします。
自分は当時の「春風」というものを聴いたとこはないですが、この10年の間に進化した曲である気もします。

イントロはギターとハーモニカというゆずらしいなと思わせてくれる。
1番はギターとハーモニカだけで曲が進行していくので、いわば昔の感じのゆず。
2番からはバイオリンが入ってきて音に厚みが出てくる。
このじっくり聴かせてくれる感じは進化したゆず。
聴けば聴くほど曲の良さが伝わってくる。

そして何より二人の歌が本当にうまくなったなぁと思う。(前が下手だったというわけではないですよ汗
「春風」という曲を聴いているとゆずの成長がわかるきがします。

ゆずの中でもかなりの名曲といっていい「春風」。
ゆずらしさが存分に楽しめるこの曲の良さに浸ってみてはいかがでしょう?

ちなみにこちらでPV視聴できます。
posted by micarosu at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

「モザイクカケラ」 SunSet Swish

今回はSunSet Swishの「モザイクカケラ」を紹介します。
デビューから様々な名曲を世に出してきたSunSet Swish。
今回もまた名曲といっていい。
そして成長が見える作品でもある。

「モザイクカケラ」の曲としての完成度ははっきり言ってかなり高い。
曲はメロとサビを繰り返すだけのシンプルな構成なのだけれど、聴いているだけで曲の世界に惹きこまれてしまう。
今までのSunSet Swishはシンプルなメロディで聴きやすい印象だった(と思う)ので、この曲はいい意味で期待を裏切られらましたね。

タイトルでもあり、サビに何度も出てくる「モザイクカケラ」という言葉はサビによって意味が違うように感じる。
経験・思い出、上手く生きる為の術、恋…。
ただ全て通して言えるのは、未来を作るうえで必要な事(欠片)ということ。
まだこの欠片がどのように人生を変えていくかはわからないから「モザイクカケラ」という言葉を使っているのでないかなと思う。

音符振り返ればそこにあるスタートライン未だ進んじゃいない
 もう一度夢を拾い集めてみよう
 モザイクカケラ ひとつひとつ繋ぎ合わせて描いてゆく
 あなたがくれた 出逢いと別れも


「モザイクカケラ」はこれからの生き方次第で様々な形に変えていける。
そんなメッセージが込められている気がします。

また新しい一面を見せてくれたSunSet Swish。
これはぜひ聴いてもらいたい作品ですね。

ちなみにSunSet Swishオフィシャルサイトで視聴できます。
posted by micarosu at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

「桜咲く街物語」 いきものがかり

今回はいきものがかりの「桜咲く街物語」を紹介します。
今作は待ちに待ったいきものがかりのファーストアルバムです。
待ちに待ったと言う通り、シングル曲が6曲というかなりお得なアルバムになっています。

ただ、シングル曲が多い場合、シングル曲の印象が強すぎてアルバムとしての完成度が低い場合も多い。
ですがこの「桜咲く街物語」は違います。
もちろん「SAKURA」を初めとするシングル曲は確かにいいですが、それも含めたアルバム全体の完成度も高い。

というのも曲の幅が広い。
「KIRA★KIRA★TRAIN」のようないきものがかりらしいアップテンポの曲から
「君と歩いた季節」「タユムコトナキナガレノナカデ」のようなバラード曲
「ひなげし」のようなちょっと古い感じでクセになりそうな曲
「夏・コイ」のように男性メンバーがボーカルとして入った曲まで様々。
一曲一曲違う色を見せてくれる。

曲のバランスも良い。
聴いていて飽きはまったく来ないどころか、気持ちがいい。

そして「SAKURA」から始まり、「SAKURA(acoustic version)」で終わる曲順。
春に始まり春に終わるという一年の移り変わりを見せてくれる。
まさに「桜咲く街物語」と言えます。

これだけの名盤を作ったいきものがかり。
まだまだ彼らの快進撃は続きそうな気がします。

ちなみにいきものがかりオフィシャルサイトで視聴できます。
posted by micarosu at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

「ミドリの声」 ひなた

久しぶりの更新となりました。
寮ではネットが今のところ使えないので、今日はネットカフェから更新します。

今回はひなたの「ミドリの声」を紹介します。
「ミドリの声」は昨年行なわれたEco Festa’06(新潟県環境保全事業団)の各会場を通して参加者が書いた自然に対するコメントを元にひなたが自然の大切さを書き下ろしたメッセージソングです。

この曲はまず歌詞が気に入りました。

音符自分が幸せになるために 何かを犠牲にしてきたことで
 今日という日があったなら 明日は自分で種をまこう
 ミドリの声に耳を澄まして
 みんなの街なんだから


自然の大事さを歌う曲はたくさんあるのですが、中でもこの曲は響きました。
自分が幸せになるために何かを犠牲にするというのは、ある意味仕方がないことと言えるかもしれない。
だからこそ、ただ犠牲してしまったのなら種を蒔いてまた花を咲かせようというメッセージ。

この歌詞を一度聴いたら忘れられないような曲が包み、この歌詞に込めた想いが伝わってくる。
この曲は彼らだからできるのでしょうね。
これからもひなたに注目していきたいものです。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

お知らせ

本日から会社の寮に入るため、更新がいつできるようになるかわかりません。
ネットをつなげたら今までどおりの週一更新をするようにがんばりますので、よろしくお願いします。すいません
posted by micarosu at 00:38| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ・日記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする