2007年02月28日

「NapsaQ 〜青春ソングリクエスト〜」 NapsaQ

前回から3日という早い更新です。
というのも最近は紹介したい曲が増えてきたことと、4月からは仕事が始まるため、3月いっぱいは3日おきに更新したいと思います。

今回はNapsaQの「NapsaQ 〜青春ソングリクエスト〜」を紹介します。
NapsaQというのは下川みくに、松ヶ下宏之(Bluem of Youth)、伊藤多賀之(元ブリーフ&トランクス)の3人からなるグループです。
このメンバーで初のアルバムがこのカヴァーアルバム「NapsaQ 〜青春ソングリクエスト〜 」です。

曲はmixiのコミュニティを使って、いろんな人のリクエストから選んだそうです。
そのため、皆さんが思う青春ソングがたくさん入っています。
ただ、カヴァーと言っても編曲がかなり違うので原曲と聴き比べてみるのも楽しい。

このアルバムを通して一つ感じたのは、下川みくにさんは本当に歌がうまいということ。
この人が歌うとどの曲も遜色なく聴ける。
そのことからも、このアルバムはカヴァーを超えたカヴァーではないかなと思う。

これだけのカヴァーを聴いたら、もっとオリジナル曲を聴いてみたくなる。(アルバムの最後2曲(3曲)はオリジナルですが…)
3/14には下川みくにの新曲「Bird」にNapsaQとしての新曲を収録するそうなので楽しみです。

ちなみにこちらで視聴できます。

もうひとつちなみにアルバムの最後にボーナストラックがあるのですが、ブリトラファンの方なら懐かしく感じる曲が入ってますよ。
posted by micarosu at 17:03| Comment(2) | TrackBack(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

「霙 -mizore-」 サガユウキ

今回はサガユウキの「霙 -mizore-を」紹介します。
様々なサイトで話題になっているサガユウキの「霙 -mizore-」。
2006年はレミオロメンの「粉雪」ヒットしましたが、「霙 -mizore-」は今年2007年の「粉雪」になれるのでは?というぐらいヒットを予感させる名曲です。

この曲はサビへの盛り上げ方がすごくうまい。
イントロの静かなピアノから入り、メロの部分ではアコギとピアノだけになり冬の感じが伝わってくる。
サビに近づくにつれ音が増えていき、まさに霙が降っているような感じにさせてくれる。
そしてサビ。

音符霙、舞い落ちる季節に
 君の痛みを溶かして
 雪になれない泪粒
 僕が手にしよう
 霙、降る空に


彼の声を聴くと、歌詞がすごく伝わってくる。
まさに2007年を代表する冬の名曲と言っていいのではないでしょうか?

まだ世間には浸透していないようですが、この名曲はぜひ皆さんに聴いてもらいたいですね。

ちなみに↓のバナーでPV視聴できます。

posted by micarosu at 22:17| Comment(2) | TrackBack(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

「DISCOTIQUE」 GANGA ZUMBA

昨日更新するつもりだったんですが、諸事情により今日になりました。
今回はGANGA ZUMBAのミニアルバム「DICOTIQUE」を紹介します。

GANGA ZUMBAはTHE BOOMのボーカルである宮沢和史さんのソロプロジェクトから生まれたバンドです。
でも、曲調はTHE BOOMとは全く違います。

ラテンやレゲエ、スカなど一アーティストが奏でる音楽にしては幅がものすごく広い。
これは国籍も音楽ジャンルも違う10人が結集してできたGANGA ZUMBAだからこそできる音楽といっていい。

アルバムのタイトル曲でもある「DISCOTIQUE」はかなりの名曲。
どこか懐かしい感じの曲ではあるのだけど、斬新なイメージも受ける。
そして印象的なサビの“DISCOTIQUE”というフレーズ。
ライブでは盛り上がるでしょう。

これは他の曲でも言える。
全体を通して、ライブで聴いたら盛り上がるだろうなぁという印象を受けました。
CDで聴いても十分楽しめますが、GANGA ZUMBAというバンドはライブを聴いてみたくなりますね。

彼らは今作がまだ2枚目。
これから一体どんな曲を聞かせたくれるのか非常に楽しみです。

ちなみにGANGA ZUMBA official siteで視聴できます。
posted by micarosu at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ご報告

無事に卒研発表を終えましたびっくり
まだ卒業できるかはわかりませんが…。

山場は越えたので、これからは通常営業(?)の週一更新に戻します。
ですが、気まぐれにもう少し早い間隔で更新することもあるかもしれないので、時々見ていただけるとうれしいです。

ご報告でした。
posted by micarosu at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・日記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

「火曜日」 乙三

お久しぶりです。
2週間ぶりの更新となりました。

今回は乙三のミニアルバム「火曜日」を紹介します。
このアルバムの中に「火曜日」という曲があるのですが、これを有線で聞いたとき衝撃が走りました。

ものすごくノリのいい曲であり、どこか懐かしいような曲でもあり、斬新でもあるような曲。
一度聞いてから気になってしょうがありませんでした。
(ただ、歌詞が聞き取りづらくてこの曲が誰の何という曲なのか探すのは少し苦労しました)

早速アルバムを買って聴いてみたのですが、「火曜日」はもちろん、全曲が名曲といっていい。
このアルバムは月曜日から始まり日曜日で終わるという全7曲で1週間の曲が聴ける構成。
それぞれの曜日の特徴が出てて、この流れもすごく楽しい。

金曜日の「葛藤日」なんかはまさにそう。
社会人が抱える金曜日の悩みを表したかのような曲。
ここで詳しく話してしまうと面白くないので、是非聴いてみることをおすすめします。

ノリのいい曲が多いこのアルバムの中で異色をはなっているのが土曜日の「心労湿布」。
1曲だけバラードなんですが、他の曲とのギャップもありすごく染みるような曲になってます。

そして日曜日の「打ち上げ、先週の」を聴いたら、また1曲目の月曜日「杉並超ブルース」に戻ると一生楽しめますね。笑顔

このアルバムは「火曜日」が核となっていますが(と思う)、全曲通して聴いたら本当にいい。
これらの曲は1週間を表しているので、1曲でも欠けたら何か物足りない。
月曜日から日曜日までの流れを楽しんでもらいたいですね。

ちなみに乙三オフィシャルホームページで視聴できます。
posted by micarosu at 22:39| Comment(5) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする