2007年01月28日

しばらく更新を休みます

卒研の提出の2/5が迫ってきたので、更新を今日と来週は休ませて頂きたいと思います。
もしかしたらその次の週(2/11)も休むかもしれません…。(卒研発表が2/15にあるので)
このブログを楽しみにしている方には申し訳ありません。すいません

そこで、今書こうとしているCDを先に紹介しておきます。
卒論が終わり次第、これらの曲のレビューを書いていくので楽しみにしていてくださいびっくり

火曜日」 乙三
DISCOTIQUE」 GANGA ZUMBA
NapsaQ 〜青春ソングリクエスト〜」 NapsaQ
霙 -mizore-」 サガユウキ
posted by micarosu at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・日記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

「君の中で 僕の中で」 ナスカ

今回はナスカの「君の中で 僕の中で」を紹介します。
この曲はちゃかさんのブログで紹介されているのを見て、聴いてみたら本当にいい曲。
ジーンと来る歌詞を包み込むような、この時期にピッタリのミディアムバラード。
一度聴いただけで惹きこまれてしまいます。

音符君の中で 僕の中で ねえ
 変わってしまったのはどっちだ


恋が終わるということは、何かが変わってしまったからなのだろうか?
その原因は君か僕か。
そんなことを考えると切なくなってくる。
たとえどっちが変わったとしても、僕は君の事を忘れないよといった感じの歌詞。

読んでいるだけでも切なくなるけど、曲にするとその気持ちがより伝わってくる。
決して着飾ったりしない等身大の歌。
一言で言ってしまうのはもったいないけど、いい曲です。

カップリングの「金町娘」は一転してアップテンポの曲。
でも、こちらも切ない。
曲としてはこっちも本当によくて、こっちがシングルでもおかしくないと思います。
個人的には京成線が出てくるところに親近感を感じますね。

このCDには「君の中で 僕の中で」「金町娘」という2曲もの名曲が収められています。
みなさんにも一度手にとって聴いてもらいたいですね。

ちなみにナスカのOFFICIAL SITEで視聴できます。
posted by micarosu at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

「天球の音楽」 牧野由依

最近は卒研が忙しくて更新できるか微妙な日々が続いていますが、なんとか今週は更新できそうです。

今回は牧野由依のアルバム「天球の音楽」を紹介します。
主に声優として活動している彼女ですが、今まで何枚かシングルをリリースしていました。
しかも、シングルはどれも粒ぞろい。
そのシングルも全て含めたアルバムがこの「天球の音楽」です。

ただ、買う前に少し気になっていたのがシングル曲はスローテンポの曲が多かったことです。
いい曲でもスローテンポの曲ばかりのアルバムだと若干飽きてしまいますからね。
でも、このアルバムには「もどかしい世界の上で」「夏休みの宿題」といったアップテンポの曲がいいアクセントになりスローテンポの曲がより活きてくる作りになっています。

楽曲提供陣の豊富さも注目。
菅野よう子、梶浦由記、窪田ミナ、北川勝利(ROUND TABLE)...
本人が作詞・作曲した曲もあり、それぞれの色が全く違うというのもすごく面白い。

個人的には「シンフォニー」「雨降花」も好きなのですが、ここでは「アムリタ」を紹介しましょう。
先日インストアライブでピアノ弾き語りでこの曲を聞いて鳥肌が立ちました。

音符銀色の雨が降ってきたら私だと思って
 涙を拭いて

 まっすぐに肌に落ちる流星
 降り続けて その肩に蜜雨(アムリタ)


訴えかけてくるような歌声に歌詞。
ピアノと声だけでここまで届く歌を歌えるんだなと思いました。
CDではさらに様々な音が入り、より壮大な感じに仕上がっていてこちらもすごくいいです。

名曲ぞろいな上に、何度聞いても飽きの来ないアルバム。
5年先も10年先も聞き続けていけるような名作だと思います。
みなさんも一度聞いてみてはいかがでしょうはてな

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

「EUPHORIA」 cune

新春一発目の今回はcuneの「EUPHORIA」を紹介します。
このアルバムはcuneにとって活動休止前の最後のアルバム。
結成当初の名曲から新曲まで未発表曲を集めたものとなっています。

そのためどれもこれも名曲ばかり。
ベストアルバムと言ってもいいくらい素晴らしいアルバムです。

ただ、全体を通してこれで最後なんだなぁと感じられるところがあります。

1曲目「Blue Jeans」
音符目を覚まさないように僕は出てゆくよ すべてを忘れて

2曲目「風 -the wind talk to you-」
音符今、雲を突き抜けて 悲しみのない空の向こうへ
 涙色に滲むstoryは 始まりのcall


3曲目「TNSF」
音符東京かぶれのあいつにも 泣きたいときがあるんだろう

4曲目「街 -just like a boy-」
音符舵を取れDreamer
 どんな理想も現実を
 呼びおこすのなら(Just like a boy)
 あの栄光のたもとを描け


5曲目「Twinkle Twinkle」
音符今夜流星降るかな 君の町にも
 会いたい気持ちで見上げた空は Twinkle Twinkle


6曲目「ユーフォリア」
音符またユーフォリア いつかどこかで
 出会えたらフォリア 笑えればいいね
 ずっと言いそびれた 贈りものがある
 ありがとう あなたに 降りそそげメロディー


「Blue Jeans」で”これでお別れだ”と言って
「風 -the wind talk to you-」では”元気を出して
「TNSF」では”泣きたいときもあるよね
「街 -just like a boy-」では”前を向いて
「Twinkle Twinkle」では”大丈夫。近くにいるよ
「ユーフォリア」では”いつかまた会おう

6曲を通して聴くと、ファンに対するメッセージのように感じられます。
1曲1曲もすごくいいんですけど、このアルバムは通して聴いたとき、初めて大きな力を持つアルバムと言えます。

過去にもたくさんの名曲を世に送り出してくれたcune。
これが最後かもしれないと思うと寂しくなりますね。

でも、あくまで活動休止なので帰ってくることを楽しみにしたいと思います。
それまでこのアルバムを大切に聴いていたいですね。

ちなみにこちらで「風 -the wind talk to you-」「街 -just like a boy-」「ユーフォリア」の3曲が視聴できます。
posted by micarosu at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

楽曲検索機能

明けましておめでとうございます。
今年もマイナーな曲を中心に色んな曲を紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

それでは本題に入りましょう。
このブログで紹介してきた曲もかなり増えてきました。
そのため、以前紹介した曲を調べるのも苦労するようになったように思います。

そこで、”ブログ内楽曲検索機能”を左のサイドバーに設けましたびっくり
調べたいアーティストや曲名を入れると、Googleでこのブログ内のみを検索することができますので、”見たい記事”、”こんな記事あるかな?”と思ったら検索してみてください。
posted by micarosu at 01:00| Comment(9) | TrackBack(0) | お知らせ・日記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする