2006年10月23日

Something ELse

Something ELseが昨日のライブをもって解散しました。
サムエルは自分の中でも支えになっていたので、本当に寂しいです。

もともとサムエルを知ったきっかけは「ラストチャンス」です。
雷波少年は見てなかったので、どういう風だったのかはいまだに知りませんが、曲の印象は強かったですね。
でも、この頃は特になんとも思ってなくて、こんな曲もあるんだ程度にしか思ってませんでした。

サムエルの曲を初めて買ったのは「あいのうた」。
「さよならじゃない」も好きだったけど、とにかく「あいのうた」の歌詞、曲が好きでした。

サムエルの本格的なファンになったのは「ウソツキ」を聞いてからです。
売り上げ的には「あいのうた」から大分落ちたんだけど、あの曲の完成度は本当にすごかった。
歌詞にしろ、曲にしろこれ以上ないのではと思うくらい。
今でもこの曲が自分の中で一番好きな曲です。(サムエルに限らず一番)

その後はシングル↓
「磁石」
「びいだま」
「夏のラジオ/元気ですか?」
「国道16」
「少年」
「1M」
「あの頃のまま」

アルバム↓
「ギターマン」
「光の糸」
「Y」
「TICKET」←ベストアルバム
「風見鶏」
「COLOR」

と毎年最低でも1枚はリリース。
しかも、どれもこれも名曲。
ただ、大きなタイアップがなかったため売り上げは伸びなかったですね。

アルバム「COLOR」からはインディーズレーベルからの発売。
だんだん人目にはつかなくなっていました。

そして昨日…。
ついに解散となってしまいました…。

今考えると、サムエルの曲が自分の人生に与えたものは本当に大きかった。
初めて行ったライブはサムエルだし、さっきも言ったけど一番好きな曲は「ウソツキ」。
ギターで唯一弾けるのが「あいのうた」だったりもします。(最初の方だけだけど…)

解散というのは本当に寂しいですね。
でも、3人はそれぞれ音楽活動を続けていくみたいです。
それはそれで楽しみです。

今まで本当にありがとうございました。
posted by micarosu at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ・日記等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする