2006年10月15日

「ダンデライオン」 ダンデライオン

今回はダンデライオンのデビューミニアルバム「ダンデライオン」を紹介します。
CD屋では”大型新人デビュー”と書かれるほどかなりの逸材です。
ただ気になるのが、ボーカルのリョータさんって昔”村田亮”としてメジャーでやってんですけど、その辺ってプロフィールに書いてないんですよね。
だからここで書いていいのかよくはわかりませんが…。
個人的にはデビューのときから村田亮さんのファンだったので、メジャーに戻ってきたことが素直にうれしいです。


ダンデライオンはとにかくボーカルの声が印象的。
こんなに歌のうまい人がいるのかというくらい存在感があります。

この人の声だとバラードがあうと思うんでけど、アップテンポの曲を歌ってもしっくりくるんですよね。
一曲目の「ANOTHER WAY」なんかまさにそう。
この疾走感にこのボーカルとくれば言うことなしびっくり
一曲目から全開です。

アルバム全体をみると曲調は多様で、メロディラインがきれい。
突出したものはないんですけど、等身大という感じ。
聞いていて心地がいいですね。

そして、聞き手を飽きさせない曲順も注目。
いい曲をただ並べるだけでなく”アルバム”として仕上げている感じがあるんです。
デビューCDでありながら、ここまでの完成度の高いアルバムはなかなか見ないですね。

とはいえ、まだデビューしたばかり。
これからもっともっと成長していくのではないかと期待しています。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 23:26| Comment(11) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

「グッバイ・ボーイ」 カラーボトル

今回はカラーボトルの「グッバイ・ボーイ」を紹介します。
この曲はカラーボトルのファーストシングル。
リリースされたのは少し前なのですが、店で流れてるのを聞いて好きになってすぐ買ってしまいました。

とにかく一度聞いただけで、惹かれる人が多いのではないかと思います。
ボーカルの存在感、覚えやすいメロディ、歌詞。
魅力となる部分が非常に多い。

情景が浮かんでくるという表現をよく使いますが、この曲もまさにそうです。

別れることになった二人。
見送りにきたけど、君は悲しくて下を向いていると思い出が蘇ってくる。
音符時には流す 涙を飲むなよ
 僕は僕でいる 君は君でいろ 見守るよ


この部分がすごく好きです。
決して飾らず、直球で刺さってくる歌詞。
これにボーカルの声が加わると、本当に気持ちが伝わってきます。

一度聞いてみる価値は十二分にあると思いますよ。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 23:44| Comment(12) | TrackBack(1) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

好きなアーティストバトン

好きなアーティストについてのバトンです。

●まず、あなたの一番好きなアーティストは?

”ゆず”ですびっくり

●いつ頃好きになった?

1998年だから中2ですね。

●どの曲で好きになった?

「夏色」です。
この曲聞いたときに「こんないい歌あるんだぁ」と思ってから現在までファンであり続けています。

●好きなメンバーは誰??(デュオやソロの場合パスしてもOK)

う〜ん、それは決められません。困った

●何故??(デュオやソロの場合パスしてもOK)

どっちも好きだからじゃだめですかはてな

●CDは何枚くらい持っている?

全部持ってるんで、シングルは22枚(「威風堂々」を入れると23枚)、アルバムは15枚。

●DVDは?

1枚しかありません…。

●現在一番好きな曲は?

「センチメンタル」ですびっくり

●それは何故好き?

歌詞も曲もこれ以上ない仕上がりの曲だからです。

●では、一番すきなアルバムは?

敢えてあげるなら「ゆずマンの夏」。

●友達に紹介したい!と思う曲は?

全部びっくり

●この曲は世界遺産にすべき。という曲はある?

「夏色」ですかね。
あの曲は音楽業界に革命を起こしたと思います。

●答えた人へ。何故そう思う?

今現在、こんなに多くの人たちが音楽ができるようになったのはやはり”ゆず”が出てきたからだと思うんです。
だからこそ彼らのデビュー曲「夏色」が与えた影響は計り知れないと思います。

●カラオケ行く?

多くても1ヶ月1回。

●そのアーティストの曲で歌う曲はある?

「夏色」「少年」「いつか」「飛べない鳥」「青」「桜木町」「栄光の架橋」「超特急」は時々歌います。
他の曲も行くメンバーが知っているようなら歌います。

●もし、そのアーティストと街で偶然出会ったら?

動揺して、何もできないで見ていると思う…。

●そのアーティストのライブに行ったことは?

まだ無いです…。

●では最後に2つ。そのアーティストはあなたにとって?

生きるうえでなくてはならない人たち。

●そのアーティストに向かって一言。

これからも頑張って下さいびっくり

●次に回したい人。いたら書いてください。

音楽好きな人はぜひ。
posted by micarosu at 22:53| Comment(6) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

「ALL SINGLES BEST」 コブクロ

今回はコブクロの「ALL SINGLES BEST」を紹介します。
これはタイトルの通り、コブクロのベストアルバムです。
収録曲はほぼ全てシングル曲で、最後に新曲「未来への帰り道」が収録されています。
(「あなたへと続く道」はカップリング曲、「毎朝、ボクの横にいて。-Sweet drip mix-」はトコブクロ名義のシングルのカップリング)

このアルバムの面白いところは、曲を作った順と逆に曲が収録されているところです。
そのため、「桜」は2枚目の最後から一つ前に入っているんですよね。
この遡っていく感じはすごく好きです。
最近ファンになった人は”耳なじみの曲”から始まって遡るので新鮮。
昔からのファンの人は聞いていくうちに”懐かしい曲”なっていくんですよね。

ただ、個人的にちょっと残念なのがシングル曲だけしか入っていないことです。
コブクロはアルバムやカップリングにもたくさんの名曲あるんだけどなぁ。
でも、本人達曰く”選べなかった”そうです。
確かにどれもこれも思い入れがあるでしょうし、選べないのは当然ですかね。
アルバム曲などが入っていないのは残念ですけど、このベストアルバムは最高の出来だと思います。

その中でも新曲の「未来への帰り道」は他の曲に負けないほどの名曲。
今を生きることを大切にしすぎて、忘れてしまった過去がある。
思い出したら色んなことを考えてしまうけど、それは未来を開いていくことに必要なことだという思いのこもった曲。

今回は敢えて歌詞は書きません。
これは曲を聞いて歌詞を見て感じて欲しい。
みなさんもぜひこの「ALL SINLES BEST」を手にとってもらいたいです。

コブクロ最近知った人も、昔から知っている人も十分に楽しめるアルバム。
買って損はないですよ。
posted by micarosu at 23:46| Comment(11) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする