2006年07月31日

「夏の匂い」 LUNKHEAD

梅雨も明けていよいよ夏本番ですね。
では今日も参りましょう!
今回はLUNKHEADの「夏の匂い」を紹介します。

これはカルビー夏ポテトのCMで話題のあの曲です。
非常に情緒的な歌詞と曲が夏へと誘ってくれるような感じにさせてくれます。

これはやはりバイオリンの音がそうさせているのでしょう。
そう言うとバイオリンだけがいいのかと言われそうですが、そんなことはありません。
曲が素晴らしいからこそこのバイオリンの音が生きて、夏の情景が浮かぶような曲になっているきがします。

もちろん夏の情景が浮かぶのはやはりいい歌詞だからです。

音符近づく街の光映した二両電車の窓
 カナカナが鳴いてた
 いつもと同じ夏の匂いがした


この歌詞を見ただけでその様子が思い浮かぶ。
これにあの曲をあわせられたら、もう目の前はその風景でいっぱいになります。
それぐらい曲と歌詞がうまくあっています。
この歌詞があるからこそ生きる曲。
一言で言ってしまうのはもったいない気もしますが”良い歌”という言葉しかでてきません。

夏の曲は勢いがある曲だけでなく、こういう曲もいいものですね。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

「空フル 〜虹を架けろ〜」 SHALE APPLE

はい、今週も張り切ってまいりましょう。
今回はSHALE APPLEのデビューシングル「空フル 〜虹を架けろ〜」を紹介します。

こないだ店で流れているのを聞いていいなぁと思って、頭に残った歌詞だけを頼りに検索してみてやっと発見しました。
どうやらCM曲にも使われているようなので聞いたことがある人もいるでしょう。(自分は知りませんでしたが…)

メロディは一度聞いただけで口ずさんでしまうほど覚えやすいです。
そしてまた聞きたくなってくるような魅力のある曲でもあります。
一度聞いただけでここまで虜にさせられた曲は久々ですね。

タイトルの「空フル」は「カラフル」と読むみたいです。
歌詞の中にも何度か出てきます。

音符思い続けた情景を
 カラフルに描いてゆこう
 僕らならきっとできるはずさ 虹を架けろ


”カラフルに描く”、”虹を架けろ”という二つの言葉は”未来を作っていこう”ということなのですね。
同じ意味のことなのに言葉が違うだけで与える印象が変わってくる。
これらを使い分けているところに彼らの歌詞のセンスを感じました。

まだデビューしたばかりとはいえ、「空フル 〜虹を架けろ〜」はかなり完成度の高い楽曲といえると思います。
今後の活躍に期待したいです。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

「夏が来れば」 SunSet Swish

珍しく二日続けての更新です。
今回はSunSet Swishの「夏が来れば」を紹介します。

SunSet Swishは前作「マイペース」の大ヒットにより人気急上昇中のあの人たちです。
今作はその甲斐あってメジャーからのリリースとなりました。

タイトル曲「夏が来れば」は一言で言えば「爽やか〜」という感じです。
夏というと勢いのある盛り上がる曲のイメージが結構強いと思うのですが、こういうスローテンポの夏の情景が浮かんでくるような夏の曲も魅力です。
今年の夏はこれで決まりですびっくり

個人的にはカップリングの「三日月の舟」「タイムカプセル」も好きです。
「三日月の舟」は彼ららしいバラード曲、「タイムカプセル」は「夏が来れば」とは反対にアップテンポの曲となっています。
このCDは一枚で様々な曲が聞けて、まるでアルバムを聞いてるくらいお得な感じがします。
素晴らしいくらいに完成度の高いCDですね。

メジャーに進出した彼らの最初のシングル「夏が来れば」。
注目です。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

「トライアングルライフ」 オオゼキタク

今回はオオゼキタクさんの「トライアングルライフ」を紹介します。
こないだ店で流れているのを聞いて「いい歌だなぁ」と思って探してみたら、ドラマの主題歌にもなっているんですね。
すいません…。知りませんでした…。
”富豪刑事”見てなかったものでして…。

で、曲なんですけどいい歌です!(いつも言ってる気はしますが…)
ストリートで歌ってきた人の歌という感じだけでも好きなのですが、すごく思いが伝わってくるところもよし。
こんなに思いが伝わる歌を歌える人ってそんなにいない気がします。

この「トライアングルライフ」の「トライアングル」とは昨日、今日、明日と繰り返していくことを表しています。
そんな日々の中でも大事な人のことを忘れることはないというすごく真っ直ぐな歌です。
自分にはまだ大事な人と言えるような人はいませんが、いずれできたときにはこの気持ちを大事にしていきたいなぁとすごく感じます。

カップリングもかなりよいです。
ぜひCD一枚丸々聞いてもらいたいですね。

もうすぐアルバムもでるのでそちらも注目です。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

「869本目のアーチ」 広沢タダシ

また更新間隔が長くなってしまって申し訳ありません。すいません

さて、気を取り直して今回は広沢タダシさんのアルバム「869本目のアーチ」をご紹介します。
このアルバムはオリジナルアルバムとしては2003年の「理想郷」から実に3年半ぶりのアルバムです。(セルフカヴァーアルバムは間にありましたが)

これを聞いて思うことは広沢タダシ健在!」ということですね。
今作は全作詞・作曲だけでなく全編曲も行っていて、より広沢タダシ色が強く出ています。
最近はプロデューサーのような活動も多く、楽曲に関してはかなり円熟味を増してきたかなとも感じます。

さて、このアルバムのタイトルであり1曲目にも収録されている「869本目のアーチ」とは一体何なのかと思いませんでしたか?
確かにパッと見ではよくわかりませんよね。

ここで言う「アーチ」とは「ホームラン」のことです。
「ホームラン」といえば世界のホームラン王「王貞治氏」のもつ「868本」という記録がありますよね。
つまりこの「869本目のアーチ」とは王貞治氏が「869本目のアーチを狙っている」という歌なのです。

音符僕が生まれた年にワンちゃんは
 世界で誰よりホームランを打った
 だけど彼は今でも狙ってる
 869本目のアーチ


今は現役として「869本目のアーチ」を打つことはできないが、監督として「869本目のアーチ」という更なる高みを狙っている。
広沢タダシ流応援歌という感じです。
曲は1曲目にふさわしいアップテンポナンバーですよ!笑顔

アルバム全体をみると「恋」の歌が多いですね。
日常にありそうな歌詞はなかなか魅力です。

皆様もぜひ聞いてみてください!

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする