2006年05月03日

「パラダイム」 アンダーグラフ

はいはい。今回もしばらくぶりになってしまいました。
本当にすいません…。すいません
なんか最近、一言目に必ずあやまってるような気が…。
気のせい、気のせい。

前置きも終わったことですので、今日は少し前の曲ですがアンダーグラフの「パラダイム」を紹介。
「パラダイム」ははっきり言って名曲です。
最初に聞いたときは、アンダーグラフのイメージと違っていたのであまり興味がなかったのですが、聞けば聞くほど味がでてきます。

音符壊れかけた世界の鼓動がね 僕らを今でも
 突き動かして 明日を照らしているんだ
 広がる未来が手招きしてくれるのが見えたなら
 光る世界とパラダイムを創るんだ


自分を見失ってしまいそうなこの世界で、迷うことなく自分を信じて進んでいこうという思いがこめられています。
この「パラダイム」というのは理想的な枠組みということらしいです。

この曲の歌詞の中でも一番好きなのは
音符忘れてしまえば 少しは楽になれるのかな?
 でもね僕らは 実は弱くない
 何時でも一歩を踏み出せるでしょう

というところです。
すごくぐっときますね。

しかし、この曲の印象が薄い人が多い気がします。
「パラダイム」と検索してみると、でてくるのはカップリングの「遠き日」の話ばかり。
確かに「遠き日」もいい曲ですが、「パラダイム」をA面に持ってきているわけですから、ぜひもっと聞いてもらいたいですね。
(「遠き日」がA面じゃないのは、もともと配信限定の予定だったということもありますが)

アンダーグラフが全ての人に送る応援曲といってもいい「パラダイム」。
聞いてみる価値はありますよ。

ちなみにこちらで視聴できます。
posted by micarosu at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする